戸塚区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

子ども達の、子ども達のために私たちができること よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena

 コロナ禍の中、未来について考えるのも『政治』の大事な仕事。そして50年後、100年後の未来を考える時、避けては通れないのが地球温暖化の問題です。地球温暖化がもたらす気候変動は、少しずつ、未来の子ども達の可能性を奪っていきます。これにストップをかけるのに有効なのが、太陽光・海上風力・地熱・水力等を利用した再生可能エネルギー(以下「再エネ」)の活用です。

 再エネは温暖化の原因となる温室効果ガスを排出せず、外国から輸入する化石燃料に依存してきた社会の仕組みを大きく変え、新たな経済成長の起爆剤となる可能性を秘めています。ところが、現在、再エネが全エネルギーに占める割合は8%に過ぎません。そして、人口375万人を抱える横浜市では排出される温室効果ガスの量も多く、再エネの利活用を推進することは急務です。

 2019年に発表した政策集「責任と約束」でSDGsの理念を基本とした持続可能な社会の実現を公約に掲げた「よこはま自民党」は、横浜での再エネ・省エネの活用推進に向けて新たな取組みをスタートさせます。

 そこで、タッグを組むのは、未来に最も関心を持つ高校生や大学生達。若い世代と共に、再エネ利活用のための政策・広報戦略などを考えていきます。そして、再エネの利用・省エネを通じ、地球温暖化の防止と地域経済の活性化を両立する「横浜型脱炭素社会」を目指す議員提案条例の制定を目指します。

 子ども達の、子ども達のために、今を生きる、私たちができること。現在と未来に取り組む責任政党として、私たち、よこはま自民党は、再エネ・省エネ推進に全力で取り組んで参ります。

自由民主党横浜市会議員団

https://jiminyokohama.gr.jp/

平成横浜病院

過度な受信控えは健康上のリスクを高める可能性があります。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ第4波から国民を守る、安全確実なワクチン接種の実現を

「脱炭素社会」目指す条例を

元ワーキングママがゆく 41 市政レポート

「脱炭素社会」目指す条例を

横浜市会議員 伏見ゆきえ

5月7日号

小中学校に夜間照明設置へ!

皆様の声をカタチに! 市政報告

小中学校に夜間照明設置へ!

横浜市会議員 中島みつのり

4月1日号

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

攻めに転じ、立ち向かえ

県政報告 93

攻めに転じ、立ち向かえ

神奈川県議会議員 北井宏昭

3月18日号

新年度予算を審議中です

県民のいのちと暮らしを守る 県政レポート

新年度予算を審議中です

県議会議員・松田よしあき

3月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter