戸塚区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

戸塚駅周辺 区、二次元コード 掲出 情報発信に工夫

社会

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena
区庁舎壁面の二次元コード。JR戸塚駅ホームからも読み込める
区庁舎壁面の二次元コード。JR戸塚駅ホームからも読み込める

 戸塚区は、区の情報や災害情報などをあらゆる人に届けることを目的に、戸塚駅周辺に二次元コードを掲出した。区担当者は「状況に応じて発信する内容を変更する。積極的に活用してほしい」と呼びかける。

 区が発信する情報を、広報紙などで積極的に取得する人がいる一方、特に若年層を中心に疎くなりがちな人もいる。区はこの課題改善のため、今回の取組みを行った。

 取得方法は、スマートフォンなどで掲出された二次元コードを読み取ると、区の公式ツイッター(@yokohama_ttk)につながる仕組み。平常時はイベント周知、健康づくり、災害発生時には避難勧告、交通機関運行情報、一時滞在施設情報などに切りかわる。

災害発生時を視野

 二次元コードは、戸塚駅周辺11カ所に掲出(災害時は12カ所)。同駅はJR、市営地下鉄を合わせると通勤・通学者などで1日あたりの乗降客数が30万人を超えるほか、60近いバス路線の発着や大型商業施設が立ち並ぶ、区内随一の幅広い世代が集まるエリア。災害時には、多くの帰宅困難者が発生する恐れもあることから、戸塚駅周辺混乱防止対策連絡協議会と連携し、重点設置した。

 区総合庁舎壁面には約2m×2mの二次元コードが掲出され、JR戸塚駅ホームからも読み込みが可能だ。区担当者は「普段の行動の中で何気なく目に入る場所に設置した。どんな時にも、区役所の情報を必要とする人とつながるようになれば。次は東戸塚駅周辺で進めたい」と話す。

庁舎にフリーWi-Fi

 また、区はサービスの一環として庁舎内にフリーWi-Fi(ワイファイ)を整備。引っ越し手続き、戸籍謄本取得などで来庁した人の待ち時間に、区の発信する動画などの閲覧がしやすい環境を整えた。
 

フリーWi-Fiを紹介する区職員
フリーWi-Fiを紹介する区職員

平成横浜病院

過度な受信控えは健康上のリスクを高める可能性があります。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

「お家時間」は手芸を

汲沢町在住田中さん

「お家時間」は手芸を 教育

コロナで見直す日本文化

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

5月7日号

「音楽への情熱衰えず」

戸塚区出身オオゼキさん

「音楽への情熱衰えず」 文化

市立校歌の詞曲も担当

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

子ども元気づける音楽を

名瀬町の一般社団

子ども元気づける音楽を 社会

CF活用、ネット配信も

4月22日号

「コロナ対策、再徹底を」

吉泉戸塚区長

「コロナ対策、再徹底を」 社会

新年度の取組み語る

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter