戸塚区版 掲載号:2021年7月29日号 エリアトップへ

日本選手権水泳競技大会のバタフライ女子200mに決勝進出するなど活躍する 水口 知保さん 上矢部町出身 19歳

掲載号:2021年7月29日号

  • LINE
  • hatena

記録達成の瞬間求めて

 ○…日本一を決めるバタフライ女子200mの大会で決勝争いをした一人。初の東京五輪選考会で「まったくコントロールができないくらい緊張した」と結果は8位、2分10秒47と自己ベストから0・81秒離された。その一方で直前までは自己ベストを次々更新。現在は8月の関東学生水泳選手権、10月の日本学生選手権に向けて調整中で、大舞台を経た今後の泳ぎに期待がかかる。

 ○…上矢部町に生まれ、年長のころに喘息持ちの姉が水泳を始めると、後を追うように泳ぎを始める。東戸塚のスポーツクラブでは友達と夢中になって楽しみ、小学3年生でバタフライが得意種目となった。中学3年時からは本格的に競泳選手を目指すため、都内のクラブに移籍。迎えた高校1年のインターハイでは全国4位と輝かしい結果に。しかし楽しさから一転、「とにかくきつかった」と振り返るように、その後は思うように結果が残せず、自己ベストを更新できないまま高校卒業を迎えた。

 ○…転機は明治大学進学時。「環境を無理やり変えるため」と練習場所そばの目黒区でひとり暮らしを始めた。大学の水泳部にも所属し、全員が勝利を求め一丸となる熱い思いに触れ、「久しぶりに水泳が楽しいと思った」。以来毎日6千から7千mを泳ぎ切り、昨年末の日本選手権では2年8カ月ぶりに自己ベストを更新。「結果が出る瞬間、やってる自分にしかわからないくらいうれしい」と声を弾ませる。

 ○…たまに帰る実家での愛犬との時間や、母の手料理が癒しのひととき。今後控える大会に向けて練習を重ねる日々だが、将来の引退後も見据えて経済学を専攻し、勉学に励む一面も。「笑顔が一番」が合言葉で「毎日の練習をむらなくがんばる」と目標を語った。

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

塚本 雄貴さん

B3リーグのプロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」に今季から加入した

塚本 雄貴さん

平戸町在住 24歳

9月16日号

小貫 和也さん

定年後から作家として活動する

小貫 和也さん

汲沢在住 82歳

9月2日号

田雑 由紀乃さん

戸塚区に本部を構える(公財)横浜市男女共同参画推進協会の理事長を務める

田雑 由紀乃さん

中区在住 62歳

8月26日号

松永 美穂さん

10周年を迎えた女子ラグビーチーム「YOKOHAMA TKM」の主将を務める

松永 美穂さん

都筑区在住 28歳

8月19日号

渡邉 勉さん

「腹話術の会きずな」横浜戸塚支部を開設、8月22日に初心者向け講座を行う

渡邉 勉さん

名瀬町在住 70歳

8月12日号

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

歌手デビュー50周年を迎える

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

 65歳

8月5日号

見学会のお知らせ

本牧の昔ながらの商店街沿いに新しくグループホームを開所します

https://www.shinkoufukushikai.com/care/grouphome/crossheart-honmoku

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • とつか歴史探訪

    とつか歴史探訪

    ■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜第68話 〜戸塚にある行基の足跡〜

    9月9日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook