戸塚区版 掲載号:2021年8月5日号 エリアトップへ

大正地区社協 初の広報誌を発行 情報発信強化に注力

社会

掲載号:2021年8月5日号

  • LINE
  • hatena
初の広報誌を手にする萩谷会長
初の広報誌を手にする萩谷会長

 誰もが安心して暮らせる地域を目指し、各地域に配置される「地区社会福祉協議会(地区社協)」。その一つであり、区内最多の世帯数が所属する大正地区社協(萩谷邦昭会長)が7月31日、初めての広報誌を発行した。同地区社協では、1月からホームページの運用や月に1度の「たより」の掲載も始め、活動の周知、共有化を進めている。

 各地域の課題解決に取り組んでいる地区社協。活動の報告や情報収集を行う際には、広報誌やホームページを使うのが通例だ。しかし、大正地区では作成にかかる労力などが問題視され、これまで1度もそういった取り組みは行われてこなかった。

 その中、活動内容をより透明化し、課題共有を図りたいと考えた萩谷会長らメンバーが、戸塚区地域福祉保健計画(とつかハートプラン)の大正地区計画に広報誌とホームページの活用を盛り込んだ。今年、1月にホームページを公開し、同時に総会の報告や住民へのメッセージを書いた「大正地区社協だより」を月に1度掲載。さらに、インターネットを得意としない世代へのアプローチや、ホームページの活用周知を目的に、たよりにプラスしてA4用紙3枚分でカラー印刷の広報誌を今回発行した。今後は年3回の発行を目指していくという。

参加型コンテンツも充実

 ホームページや広報誌では、住民に対し同地区の好きなスポットの募集や、昨年住民から募った作文・標語の公開が行われ、子どもから大人まで参加できるコンテンツが充実。地区社協の活動報告を一方的にするのではなく、地域の誰もが意見を出しやすい環境を作るための双方向のツールとして、活用していく方針だ。

 発行にあたり、萩谷会長は「偏った価値観で地域を作るより、様々な意見を取り入れるためのツールとしていきたい。広報誌を通してインターネットを敬遠する人にホームページの活用も検討してもらえたら」と話している。

 広報誌のデザインやホームページ作成を行った代表理事の高橋良壽さんは「福祉保健計画を普及させたい。地域の助けがないと成し遂げられないからこそ周知していければ」と語った。

戸塚区版のトップニュース最新6

大阪の美術展で知事賞

平戸依田さん

大阪の美術展で知事賞 文化

195人の中で最優秀

10月21日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月21日号

自転車競技の大会で活躍

東俣野小松浦君

自転車競技の大会で活躍 スポーツ

LA五輪出場狙う

10月14日号

市、バス維持への意見募る

区南西部路線

市、バス維持への意見募る 社会

運行効率化図る

10月14日号

切断障害者 遠藤氏を支援

区内商店主ら

切断障害者 遠藤氏を支援 スポーツ

W杯(サッカーワールドカップ)見据え練習に協力

10月7日号

「ベイジュニ」に選出

戸塚小河内君

「ベイジュニ」に選出 スポーツ

950人の中から区内唯一

10月7日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新 社会

  • 9月2日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook