戸塚区版 掲載号:2021年9月16日号 エリアトップへ

「動物福祉の視点を」 吉田町宝蔵院 オーガニック卵を収穫

文化

掲載号:2021年9月16日号

  • LINE
  • hatena
小屋の中を自由に歩く鶏
小屋の中を自由に歩く鶏

 吉田町の宝蔵院では鶏を飼育し取れたての卵を収穫している。

 以前から無農薬・無化学肥料で育てた野菜を門前で販売するなど、オーガニックにこだわりをもつ宝蔵院の塩澤善弘住職。同院が鶏を飼い始めたのは昨冬。野菜の売上金を動物愛護センターに寄付しに行った際に、一匹の雄鶏を引き取ったのが始まりだ。以来、塩澤住職は鶏の流通や飼育について調べ、さまざまな問題があることを知ったという。「これらの鶏は、卵を産む道具として飼われています。日本はアニマルウェルフェア(動物福祉)に欠けているのでは」と塩澤住職は苦言を呈す。現在同院では雌鶏や殺処分される予定だった雄鶏も含め36羽の鶏を飼い、ストレスがないよう狭いゲージに閉じ込めたりせず、自由に歩き動物らしく生きられる環境で飼育。餌も遺伝子組み換えがされていないものを山梨県まで買付けに行き、与えている。

 8月中旬から3月に生まれた雌鶏が卵を産み始め、最近は毎日安定して卵を収穫できるという。現在は、収穫した卵は法事で訪れた人などに配られているが、今後は販売も行い、売上金を寄付する予定。塩澤住職は「養鶏の問題を知って、普段食べる卵を少し変えるだけで鶏たちの未来が変わるかもしれません。私たちの取り組みが、誰かが気づくきっかけになれば」と話した。

取れたての卵
取れたての卵

平成横浜病院

身体の痛みにお悩みの方、整形外科外来へご相談ください!

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

「空き家」どうする?

「空き家」どうする? 社会

市、管理義務化へ条例施行

11月25日号

トツカーナでXマスを

トツカーナでXマスを 経済

12月11日からイルミも

11月25日号

東俣野の農園で収穫祭

東俣野の農園で収穫祭 社会

芋ほりなどで交流図る

11月25日号

ユーチューバーが講義

ユーチューバーが講義 社会

戸塚法人会で経営者に

11月18日号

パクチーの魅力を発信

薬科大教授ら

パクチーの魅力を発信 社会

学術会議で試食会も

11月18日号

「ドリームランド」が復活?!

「ドリームランド」が復活?! 社会

閉園から20年 「思い出語る場」に

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook