戸塚区版 掲載号:2021年10月14日号 エリアトップへ

創立70年以上の歴史を持つ戸塚区美術協会の会長 田中 實さん 吉田町在住 84歳

掲載号:2021年10月14日号

  • LINE
  • hatena

根元の会員大事に、大木へ

 ○…70年以上の歴史を持ち約50人の会員で構成される戸塚区美術協会の会長。新型コロナが流行し始めた昨年就任時に「会員の命を守るのが最優先」を理念に掲げ、年に一度の秋の展覧会中止を決断。今年は従来の公募を取り止め会員のみが出展し、展示場内の椅子を用意しないことで密を回避するなど対策を徹底。「作品数が減ったことで広々とした展示になり、感染者も出ず大成功でした」と胸を張る。

 ○…吉田町の農家の三男として生を受け、高卒で電機会社へと就職。会社合併など激動の時代を乗り越え、最終的にはグループ会社の社長にまで上り詰めた。絵との出会いは盛岡へと単身赴任した50代後半のこと。油彩画教室に入り、賞を取るほどのビデオ撮影技術もあって「芸術家がいた母方の血で才能があると思って」とおどける。その後戸塚で絵画会入会と同時に区美術協会にも所属。独自に絵の研究会も設立し、作品を作り続けてきた。要請を受け会長に就任した際には「個人ではなくチームで運営を」とあいさつ。経営者としての経験も生かしながらかじ取りを担う。

 ○…子どもが2人、孫が3人。10年ほど前に孫の1人がスポーツ大会で賞を次々と獲得していたことに触発され、「自分も負けてられない」と絵の公募展に挑戦。以来、県知事賞4回、横浜市長賞、鎌倉市長賞などの賞を総なめし、「仲間から賞泥棒なんて言われてね」と笑みを浮かべる。

 ○…「大木」を絵のテーマに使うことが多い。きっかけは妻の言葉「社会も人も地に足をつけるのが大事」。妻が大切に育てる長寿の木をモチーフにした作品が大賞だったと誇らしげに。今後は会長として次世代育成に注力し、会の根元である会員を大切に、大木をめざしたいとした。

戸塚区版の人物風土記最新6

瀬川 晶司さん

プロ棋士で自伝『泣き虫しょったんの奇跡』の著者として戸塚図書館主催で講演する

瀬川 晶司さん

南舞岡在住 51歳

10月21日号

田中 實さん

創立70年以上の歴史を持つ戸塚区美術協会の会長

田中 實さん

吉田町在住 84歳

10月14日号

かみや りんごさん(本名:神谷 美奈)

10月12日上倉田地域ケアプラザで育児のお話会を初開催する大きなりんごの会代表

かみや りんごさん(本名:神谷 美奈)

戸塚区内在住 44歳

10月7日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

9月30日号

中原 千晶さん

NPO法人こもれびroom理事としてとっとの芽「産前産後カフェ」の講師を務める

中原 千晶さん

戸塚町在住 44歳

9月23日号

塚本 雄貴さん

B3リーグのプロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」に今季から加入した

塚本 雄貴さん

平戸町在住 24歳

9月16日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新 社会

  • 9月2日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook