戸塚区版 掲載号:2021年10月21日号 エリアトップへ

平戸依田さん 大阪の美術展で知事賞 195人の中で最優秀

文化

掲載号:2021年10月21日号

  • LINE
  • hatena
作品を手に持つ依田さん
作品を手に持つ依田さん

 平戸在住の依田けい子さんがこのほど、大阪で開かれた国際美術展で最優秀となる府知事賞を受賞した。初の出展での快挙に「本当にうれしく大変ありがたい。絵を通じてあたたかい気持ちになってもらえれば」と話す。

 依田さんが受賞したのは、大阪市の大型複合商業ビルを会場に開かれた「第26回オアシス2021」展。四半世紀続く由緒あるコンクールで、2005年からは海外でも開かれている。外務省や文化庁、スペイン大使館などが後援だ。

 今年はスペイン、フランス、モナコからオンライン出展があり、日本側からは195作品が集まった。その中から油彩など各ジャンル1人、計5人が大阪府知事賞に選ばれ、依田さんは洋画(水彩)部門での受賞だった。

春の喜び表現

 世界中から出展されるパリのル・サロン展の会員で、2017年には優秀賞を受賞。今年も参加予定だったがコロナで展示できなくなったため、今展に初参加した。作品名は「春色を奏でる」。F10号の水彩画で、桜の花びらを身にまとった女性が描かれている。

 「春が来たことの喜びや、華やかな雰囲気、香り、音色が聞こえてくるような画面を描きたかった」と依田さん。

ルーブル美術館にも

 幼少期から絵が好きで、デザイン画などを学んきた依田さん。武蔵野美術大学短期大学部絵画科を卒業後、中学校の美術教諭として勤務。時間的な余裕ができた2000年頃から「後片付けなどが楽」という理由から水彩画を始めたという。

 以来、写実的でありながらデザインの要素も取り入れた作品を描き続け、歴史ある二科展でも毎年のように入賞。会員に推挙されたほか、ルーブル美術館の記念事業で作品のポストカードが美術館に並んだことも。現在は豊田中学校で非常勤講師として勤務しながら、精力的に作品を生み出し続けている。

 依田さんは「自分の世界観が表現できたらうれしい。生きていく喜びを絵を通じて感じてもらえたら」と語った。

平成横浜病院

身体の痛みにお悩みの方、整形外科外来へご相談ください!

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

児童600人に演技披露へ

戸塚町元五輪体操選手

児童600人に演技披露へ 教育

「夢に向かう大切さ」伝える

12月2日号

人権作文、市大会で優秀賞

秋葉中日向野さん

人権作文、市大会で優秀賞 教育

妹の障害通じ「可能性」探る

12月2日号

高齢者の口腔内乾燥 研究

横浜薬科大田口准教授ら

高齢者の口腔内乾燥 研究 社会

学術大会で最優秀賞

11月25日号

上瀬谷新交通に参画せず

シーサイドライン

上瀬谷新交通に参画せず 社会

開業の見通し不透明に

11月25日号

ロードレースで全国優勝

南舞岡山本さん

ロードレースで全国優勝 スポーツ

自転車競技で50代トップ

11月18日号

依存症対策の計画策定

横浜市

依存症対策の計画策定 文化

横の連携で早期支援へ

11月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook