戸塚区版 掲載号:2021年11月11日号 エリアトップへ

戸塚区民オーケストラ 創立40周年の節目 来年2月に記念演奏会

文化

掲載号:2021年11月11日号

  • LINE
  • hatena
ステージで演奏を披露する団員
ステージで演奏を披露する団員

 横浜市初の区単位の市民オーケストラ・戸塚区民オーケストラ(新野慎一団長)が、創立40周年を迎えた。区在住・在勤者を中心とした主にアマチュア音楽愛好家が集まり、定期演奏会などを継続している。来年2月27日には、ミューザ川崎シンフォニーホールで記念演奏会を実施。現在団員は練習に励んでいる。

 神奈川フィルハーモニー管弦楽団のクラリネット奏者だった新野団長が、練習場としていた戸塚公会堂の館長と親しくなり、「アマチュアオケを作ろう」と1981年6月に立ち上げたのが同オーケスストラ。団員を募集したところ、小学生や主婦、教師など100人を超える人たちが集まったという。同年10月、区民文化祭で初舞台を踏んでいる。

 それから40年の月日は流れたが、現在も20代から80代の会社員や教師、主婦など約70人が名を連ねる。練習は毎週木曜日に主に戸塚公会堂で、土・日には鎌倉芸術館などで行うこともある。事務担当者は「平日は仕事終わりの夜に集まっている。団員は学生時代に音楽を経験した人が多い。みな忙しくても、一緒に演奏できるオーケストラの醍醐味、贅沢な時間を楽しんでいる」と話す。

千人超える観客動員

 市民オーケストラといっても、取り組みは本格的。定期演奏会をはじめ、年3回の演奏会のほか、横浜開港150周年、戸塚区制70、80周年式典などでも演奏を披露。定期演奏会には1000人前後の観客が訪れる人気振りだ。指揮者も一流で、現・指揮者の井崎正浩氏は、1995年にブダペスト国際指揮者コンクール優勝後、ヨーロッパを中心に国際的に活躍をしている。

 こうした活動を支えてきたのが新野団長だ。団員のフルート担当者の一人は「明るくて優しい。ほめて伸ばしてくれる」と笑顔を見せる。

 現在団員は来年2月の記念演奏会に向けて練習に精を出している。コロナで昨年春から活動を休止し、先月から再スタートを切ったばかりでみな必死という。

 新野団長は「公会堂、区役所職員の方のアドバイスをもらいながら産声をあげ、今年節目を迎える事ができた。団員の音楽に対する情熱も素晴らしい。私たちの熱い演奏を聴き、コロナ禍の疲れを癒してもらえたら幸せ」と語った。

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

立憲民主党第5区総支部

事業復活支援金の受付が始まります

http://www.yamazakimakoto.jp

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

国際交流本を出版

戸塚町久保田さん

国際交流本を出版 文化

留学生80人の話まとめる

1月27日号

「減災の意識高めて」

戸塚区

「減災の意識高めて」 社会

2月、オンラインイベント

1月27日号

女性起業家250人輩出

上倉田町フォーラム

女性起業家250人輩出 経済

「たまご塾」が設立15周年

1月20日号

フラで自閉症理解 訴え

小雀町在住者主宰団体

フラで自閉症理解 訴え 社会

世界啓発デーにイベント

1月20日号

移動販売を本格始動

秋葉町内会

移動販売を本格始動 コミュニティ社会

住民の声から実現

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。新年から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月20日0:00更新 社会

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook