戸塚区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

全日本学生音楽コンクール全国大会でピアノ部門高校生の部で3位入賞した 中山 結菜さん 柏尾町在住 17歳

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena

幸せ届ける音楽家へ

 ○…毎日新聞社主催で5つの都市で行われた予選では東京大会に出場。128人の応募者の中から全国大会に駒を進め、本選では13人中3位に入賞した。「緊張で手がこわばることもあったけど、あきらめずに”すてきな演奏をする”それだけに集中していました。3位になれて本当にうれしかった」とほほえむ。

 ○…5歳でピアノを始めたものの、練習が好きではなく、両親から叱られることもしばしば。中学生になり、ふと自身が練習していた曲の作者やその背景を調べてみると、思いの外おもしろく、練習に身が入るように。「曲の知識が多いほど、作者の気持ちを想像しながら演奏でき、楽しくなりました。そのうちに、弾きたい曲も増えていって」。一方で、舞台に立つと、緊張から手がしびれるといった症状に悩まされた。迷いながらも、高校は音楽科のある学校へ進学。1、2年の頃はピアノとは少し距離を置き、チェンバロに注力するが、友人の伴奏をピアノで弾いているうちに、思いが再燃。今回3年ぶりに同コンクールへ応募した。

 ○…ピアノを始めるきっかけとなった2つ上の姉とは大の仲良し。音楽を志す者同士、切磋琢磨する仲という。歴史が好きで、城など武将ゆかりの地を巡るのが趣味。「尊敬するのは、直江兼続と妻のお船。2人は自分の身を削ってでも、仕えていた上杉景勝に尽くしていました。そこが魅力的です」と笑顔がはじける。

 ○…今春からは音大に進み、夢への道を一歩前進する。大学でもさまざまなことにチャレンジする考えだ。「将来は自分の演奏を聞いた人に辛いことを忘れさせたり、温かい気持ちにさせたり、幸せを届けられる音楽家になりたいです」と意気込んだ。

戸塚区版の人物風土記最新6

宇田川 真乃さん

4月から「エフエム戸塚」でセーリングや海の魅力を伝える

宇田川 真乃さん

港南区在住 23歳

5月12日号

大森 洋太郎さん

大型の切り絵や水彩画、ペン画など芸術性の高い作品を生み出し続ける

大森 洋太郎さん

矢部町在住 78歳

5月5日号

中村 美恵子さん

今年20周年を迎えた「みんなの手話ダンスフラワー東戸塚」の代表を務める

中村 美恵子さん

品濃町在住

4月28日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月21日号

向山 康三さん

さくらプラザで年1回、写真展を開催するヨコハマセブンフォトの会長を務める

向山 康三さん

港南区在住 70歳

4月14日号

大石 勝己さん

「かながわ感動介護大賞」の優秀賞を受賞した

大石 勝己さん

川上町在住 79歳

4月7日号

平成横浜病院

人間ドックオプション検査

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook