戸塚区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

戸塚町久保田さん 国際交流本を出版 留学生80人の話まとめる

文化

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena
著書を持つ久保田登輝子さん
著書を持つ久保田登輝子さん

 戸塚町在住の主婦、久保田登輝子さんがこのほど、「留学生たちの母国とニッポン」を初めて出版した。70カ国・地域からの留学生80人の話をまとめた一冊で、「国を超えても同じ人間。国際交流のきっかけの一つにしてほしい」と久保田さんは話している。

 本は四六判変型の352頁で、工作舎発刊。久保田さんが1999年に夫とともに始めたシニア向けの交流誌「林遊倶楽部」に掲載された留学生80人のインタビューをまとめたもの。

 取材対象者はルワンダの義肢製作者、アフガニスタンの小麦研究者、キルギスの最高裁判事補、ブルガリアの大統領通訳などさまざま。留学生たちはなぜ日本を目指し、どんな将来を思い描いているのかなど、本人の言葉を通して自国文化とともに語られる。

 もともと戸塚地区センターや踊場地区センター、大正地区センターのほか栄区や泉区緑園のトークサロンなど国際交流イベントに関わってきた久保田さん。各所で出会った留学生に90分のインタビューを実施してきた。本にまとめる際、外国人から見た日本像も浮かび上がらせたという。久保田さんは「こだわったのは大国でなくなじみが薄い小国にスポットをあてること」と説明し、「インタビューで日本がどれだけ国際貢献をしているのかが分かり、誇らしさを感じた」と語る。

ウインナコーヒーが契機

 久保田さんが夫の社宅で育児に専念していた20代後半のとき、オランダ人女性と出会った。「その人に振舞われた初めてのウインナコーヒーに衝撃を受けたことが外国に興味を持つきっかけになった」と振り返る。

 子育てが落ち着いた1984年、横浜市国際観光協会が行う観光客を自宅に招き入れる「ホームビジット受け入れ家庭」となり、日本文化を伝えるように。その後も、専門学校の日本語教師や、留学生が勉強・研究できるよう支援する「日本語チューター」に登録するなど、精力的に交流を深めてきた。

全国書店で販売

 初の出版後、久保田さんが東京駅前の丸善で本が平置きになっているのを見て感激したといい、「書店隣のカフェにウインナコーヒーもあって、ここから始まったんだなと感慨深かった」としみじみ。「多くの出会い協力があり、私自身知らないことを多く知れた。ぜひ身近な外国人の方と気軽に触れ合ってほしい」

 本は最寄りの書店またはAmazonなどインターネットで購入可能。2420円(税込)。

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

「主体性」育むプレゼン大会

深谷中3年生

「主体性」育むプレゼン大会 教育

再開した修学旅行で挑戦

6月30日号

5区は戸塚・泉のみに

衆院区割り案

5区は戸塚・泉のみに 政治

瀬谷区が13区へ

6月30日号

VR訓練システムを開発

戸塚消防署長

VR訓練システムを開発 社会

産学官連携 初の公開

6月23日号

子どもの学習支援に貢献

戸塚無料塾

子どもの学習支援に貢献 教育

設立5年 運営が充実化

6月23日号

フォーラムで交流促進

転勤・単身赴任 妻の会

フォーラムで交流促進 社会

リアルな悩みを共有

6月16日号

市がひきこもり相談窓口

中高年向け

市がひきこもり相談窓口 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月16日号

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook