戸塚区版 掲載号:2022年2月17日号 エリアトップへ

横浜市立校 コロナで長期欠席者増加 専門家「孤立が加速」

教育

掲載号:2022年2月17日号

  • LINE
  • hatena
フリースペースたんぽぽでは不登校児も通所する=提供
フリースペースたんぽぽでは不登校児も通所する=提供

 長引くコロナ禍を背景に、不登校は年々増加傾向にある。2020年度、市立小・中児童生徒のコロナ感染回避を理由にした長期欠席は885人に上った。また、不登校児等を受け入れる市内NPO法人への相談も前年比で倍増。学校生活に不安を抱えて孤立する子どもたちへの対策が一層求められている。

 新型コロナ感染の第6波を受け、1月には最大9つの市内小中学校が休校した。現在横浜市では校内で感染者が出た場合は「基本学級閉鎖」を取っており、児童生徒が通常の学校生活を送りづらい状況が続いている。

 こうしたなか懸念されるのが、長期休校による不登校の増加だ。国が行った2020年度調査によると、市内で30日以上欠席した長期欠席者は7835人で、前年比で1049人増加。そのうち本人や家庭、学校にかかわる状況を要因とする不登校は微減したものの、感染回避を理由とした欠席者が全体の数字を押し上げた形だ。市担当者は「16年度に国から不登校は再登校のみを目指すのではなく、社会的自立を目指す方向性が打ち出された。それ以後、増加傾向にある」とする。コロナに関しては「分散登校で通いやすくなった子がいる一方、生活リズムが乱れて不安を抱える子もいる」と話している。

つながれる状況確保を

 市内のNPO法人「子どもと共に歩むフリースペースたんぽぽ」では、21年上半期の相談数が276件で、前年130件から倍増。青島美千代理事長は「コロナの影響は大きく、関連の相談も増えた。人と会えないことで子どもの孤立が加速している」と話し、とくに小学校低学年の数が増えた印象があるという。「子どもが学校へ行けなくなったりして傷ついたときはゆっくり休むことが第一。安心して誰かとつながれる状況をつくることが必要」

 横浜市では不登校への支援策として校内に居場所や学習の場を設け、一人ひとり状況に沿った学習支援等を行う事業を展開。来年度予算も拡充する方針だ。市担当者は「いかに学びを保証するかが大切。オンライン学習教材を活用した学習支援などきめ細かな対応をしていきたい」と語る。

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

VR訓練システムを開発

戸塚消防署長

VR訓練システムを開発 社会

産学官連携 初の公開

6月23日号

子どもの学習支援に貢献

戸塚無料塾

子どもの学習支援に貢献 教育

設立5年 運営が充実化

6月23日号

フォーラムで交流促進

転勤・単身赴任 妻の会

フォーラムで交流促進 社会

リアルな悩みを共有

6月16日号

市がひきこもり相談窓口

中高年向け

市がひきこもり相談窓口 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月16日号

戸塚区に操縦者養成校

県ドローン協会

戸塚区に操縦者養成校 社会

災害時の活用を期待

6月9日号

世界水泳へ初挑戦

上矢部町出身水口知保選手

世界水泳へ初挑戦 スポーツ

地域の力を背に 18日開幕

6月9日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook