戸塚区版 掲載号:2022年3月24日号 エリアトップへ

2022年度戸塚区予算 「人とのつながり」に重点 デジタルを積極活用

社会

掲載号:2022年3月24日号

  • LINE
  • hatena

 2022年度の戸塚区の自主企画事業費が確定した。21年度に引き続きデジタルの活用などを取り入れ、ウィズコロナ時代においても「人と人とのつながり」創出に力点を置いた編成となった。

 区独自の取り組みにつながる「自主企画事業費」は、1億485万8千円。21年度とほぼ同額で、基本的な考え方も同様に5項目=表参照=に分かれている。

 予算全体においてとりわけ力点を置いたのが、「つながり」だ。区はコロナ下においてさまざまな地域活動ができない状態になっているとみており、デジタルなどあらゆる手段を講じて活性化促進を行う考えだ。

 具体的には、「人と人とがつながるまちづくり」の区民活動センター運営事業として、21年度に好評だった高齢者のスマホ講座や、地域コミュニティ構築のためのZoomアプリ講座などを継続実施していく。また、地域で居場所づくりに取り組む活動団体への補助を、オンラインサロンなどデジタル領域も含めて対象を拡大するほか、地域ケアプラザ相談業務のオンライン化検討などが挙げられる。

 そのほか、2年連続で中止されている「戸塚区民まつり事業」も”つながり”の最たるものとして区担当者は「今年はなんとしても実施したい。あらためて地域の方とともに開催場所選定や新形式での実施等検討していければ」と説明する。

ハートプラン推進

 同事業費編成において、4つの視点として▽ウィズコロナ▽減災・防災▽デジタル▽脱炭素・環境――を横断的な柱として取り入れられた。そうした中で区がもっとも大きな予算を充てたのが「誰もが自分らしく健やかに暮らせるまちづくり」だ。昨年策定された「とつかハートプラン」(地域福祉保健計画)の実質的な初年度ととらえ、推進事業に取り組んでいく。具体的には、地域支援調査研究やパラスポーツを通じた障害理解の促進、民生委員活動支援など。

 また、同項目内では健康づくり事業としてオーラルフレイル(口腔機能の軽微な低下)予防啓発のための講話の実施、子育て支援サービスの拡充なども計上されている。

給電装置を設置へ

 減災・防災においても重要項目と位置づけ引き続き注力する方針だ。「安全・安心を実感できるまちづくり」の新規事業として、区内施設に災害時に使える可搬式の給電装置(ガス式発電機)の設置が盛り込まれた。

 区担当者は「一番大事なのはやはり人と人とのつながり。コロナ禍においても区民の安全・安心と活力を守るため、全力で取り組みを進めていきたい」と語った。

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

VR訓練システムを開発

戸塚消防署長

VR訓練システムを開発 社会

産学官連携 初の公開

6月23日号

子どもの学習支援に貢献

戸塚無料塾

子どもの学習支援に貢献 教育

設立5年 運営が充実化

6月23日号

フォーラムで交流促進

転勤・単身赴任 妻の会

フォーラムで交流促進 社会

リアルな悩みを共有

6月16日号

市がひきこもり相談窓口

中高年向け

市がひきこもり相談窓口 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月16日号

戸塚区に操縦者養成校

県ドローン協会

戸塚区に操縦者養成校 社会

災害時の活用を期待

6月9日号

世界水泳へ初挑戦

上矢部町出身水口知保選手

世界水泳へ初挑戦 スポーツ

地域の力を背に 18日開幕

6月9日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook