戸塚区版 掲載号:2022年5月19日号 エリアトップへ

自宅で珍しい実のつく苗木セットを配布している 福士 三夫さん 上矢部町在住 74歳

掲載号:2022年5月19日号

  • LINE
  • hatena

植物でつなぐ人の輪

 ○…「誰にでもお渡しするので、たくさんの人に育ててほしい。珍しい実がつきますよ」。自ら育て上げた「仏手柑」と「オクナ・セルラタ」の苗木のセットを自宅で無料配布している。これらは本来、年間を通して温暖な気候のもとで育つが、独自で増殖に成功。今回、横須賀で経営する養蜂場の創業20周年を記念して、地元の戸塚でも多くの人に知ってほしいという気持ちから配布を決めたという。

 ○…仏手柑との出会いは12年ほど前。静岡県河津町で「手の形になる珍しい植物だ」という農家の説明に引かれ苗木を2本購入、栽培を始めた。試行錯誤の末、今では300本以上になり「こんなに増えると思ってなかった」と驚く。2020年に「お世話になった恩返し」として横須賀でも仏手柑の苗木を配布。そのほか、円覚寺の脇寺をはじめとした日本各地の寺院にも寄贈するなど、植物の普及を兼ねた地域活動を行っている。

 ○…岩手県の農家に生まれ育った。50年ほど前に神奈川に移ってからは警察官として勤務し副署長にまで上り詰める。職務を全うする中で辛く悲しい思いをすることもあったが、癒してくれるのが山草だったという。そんな中、偶然テレビで養蜂の映像を見て「退職後は蜂をやろう」と決意し、自然に触れる環境に回帰した。現在は妻とともに多くの山々を訪れ、その土地の植物の写真を撮ることが趣味。

 ○…このほかにも栽培が困難な植物に挑戦し、普及活動を行っている。最近は「お互い様だから」と近所の剪定や草刈りも行うなど、植物を通じた交流は多岐にわたる。仏手柑についても「育ててくれた人が、もらった時のことを思い出し、また別の人に広めてくれればうれしい」と熱く語った。

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

矢島 昭彦さん

横浜市幼稚園協会戸塚支部の支部長に就任した

矢島 昭彦さん

栄区在住 61歳

6月23日号

雨谷 麻世(あまがい まよ)さん

3年ぶりに市内で環境チャリティ・コンサートを開く戸塚ゆかりのソプラノ歌手

雨谷 麻世(あまがい まよ)さん

都内在住

6月16日号

白瀬 綾乃さん

この春から戸塚町と吉田町で年齢上限のない全障害者向けの造形教室を開講している

白瀬 綾乃さん

矢部町在住 44歳

6月9日号

山本 将央(まさなか)さん

3年ぶりの「とつか武道フェスティバル」を主催する協議会の会長を務める

山本 将央(まさなか)さん

汲沢在住 51歳

6月2日号

菊池 賢児さん

5月に戸塚区連合町内会自治会連絡会の会長に就任した

菊池 賢児さん

汲沢在住 73歳

5月26日号

福士 三夫さん

自宅で珍しい実のつく苗木セットを配布している

福士 三夫さん

上矢部町在住 74歳

5月19日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook