「安心しておうちに」18日に在宅療養シンポ

社会

掲載号:2017年2月9日号

  • googleplus
  • LINE

 「在宅療養ってなぁに?」「ずっと病院にいられない?」「どんな人が支えてくれるの?」――。

 そんな悩みを解消しようとする在宅療養シンポジウム「さあ!安心しておうちに帰ろう」が2月18日(土)、戸塚公会堂で開かれる。主催は、戸塚区在宅療養連絡会ほーめっとほか。

 シンポジウムでは、横浜市医療局在宅医療担当課長、藤井裕久氏による講座「横浜市の在宅療養について」が行われる。シンポジストは、横浜南まほろば診療所の山田英人院長、独立行政法人国立病院機構横浜医療センターの高橋竜哉神経内科部長、同古谷良輔救急部長、同清田久美子退院調整看護師長、戸塚区介護支援専門員等連絡会ケアマネット戸塚の小又真由美代表、戸塚区訪問看護連絡会の吉村泉代表。事例を提示しながら、在宅療養の具体的な支援内容等を紹介する。来場者からの質問も受け付ける予定。

 参加無料。午後2時(30分前受付)〜同4時。参加希望者は直接会場へ。問い合わせは、ほーめっと【電話】045・881・8855へ。

  • googleplus
  • LINE

戸塚区版のローカルニュース最新3件