栄区版 掲載号:2014年5月29日号 エリアトップへ

業務負担増など背景に 横浜市 民生委充足率が過去最低

掲載号:2014年5月29日号

  • LINE
  • hatena

 市内の民生委員・児童委員の不足状態が続いている。定員に対する現員数を示す充足率がこのほど、過去最低となった昨年末の95・0%を更新し、94・7%となった。背景には地域課題の多様化による負担増などを敬遠する動きがあるとみられる。

 民生委員は児童委員を兼ねる地方公務員。自治会などが推薦し、厚労省が委嘱。3年ごとに一斉改選する。任期中は地域の世話役として高齢者や障害者、子育てなど援助を必要とする住民と行政を繋ぐ役割を担う。

 市は200から440世帯に一人を置く計算で、4640人(うち主任児童委員522人を含む)を定数としているが、現員数は4394人(うち主任児童委員は491人)。充足率は94・7%となった(4月1日現在)。充足率は過去10年、増減を繰り返しているが、市が実施する半年ごとの集計では昨年から低下傾向が続いている。

児童虐待など問題多様化

 充足率低下の背景としては、「地域課題の多様化による業務の複雑化」や「地域コミュニティの希薄化による活動の困難性」などを担い手が敬遠していると見る動きもある。最近では児童虐待や就労相談など扱う案件が多岐に渡り、専門性が求められるケースもあるという。市内で民生委員を2期務める女性は「困っている人の力になる大切な仕事。若い人がなってくれたらいいと思うが、中々難しい」と話す。地域交流が希薄な地域では援助を必要とする人を把握することが難しい場合もあるという。また、民生委員を推薦する自治会からは「色々な案件に対応できる人を探すのが大変。地域での人脈などを加味するとどうしても年配の人になる」との声もあがる。

 市は「負担増にならないよう行政と市民生委員児童委員協議会事務局のある市社協、各区の民生委員代表の方々と課題把握のための話し合いを始めた」と話す。民生委員制度を周知することで新たな担い手を確保していこうという動きもある。全国の民児協からなる全国民生委員児童委員連合会では5月18日までの1週間を「活動強化週間」とし、各地でPR活動を行う。「まずは知ってもらうことが重要。多くの人に理解深めてもらえれば」と話している。

栄区版のトップニュース最新6

全校開始も、喫食率0.9%

ハマ弁

全校開始も、喫食率0.9% 教育

依然、完全給食求める声も

2月23日号

新大船商店街で初の朝市

新大船商店街で初の朝市 経済

県内約30店舗が一堂に

2月23日号

一般会計実質1.3%減

市新年度予算案

一般会計実質1.3%減 政治

子育てなどに投資

2月16日号

創部4年目ながらも躍進

飯島中柔道部

創部4年目ながらも躍進 スポーツ

新人戦県大会で準優勝者も

2月16日号

旧耐震基準宅を戸別訪問

横浜市

旧耐震基準宅を戸別訪問 社会

熊本地震受け啓発強化

2月9日号

スマホの使い方考えて

スマホの使い方考えて 社会

小学生集まり初のサミット

2月9日号