栄区版 掲載号:2014年10月23日号 エリアトップへ

20回目のふれあい運動会 約700人が競技楽しむ

社会

掲載号:2014年10月23日号

  • LINE
  • hatena
紅白に分かれて実施した玉入れは引き分けだった
紅白に分かれて実施した玉入れは引き分けだった

 障害のある人と中学生たちが運動会の競技などを通して交流する「さかえ・ふれあい運動会」が、10月18日に桂台中学校で行われた。主催は栄区障害者ふれあい交流事業実行委員会。

 障害のある人とない人の相互理解を深めて、共に生きる社会を実現することを目指して開催されているもの。20回目を迎えた今年の記念大会には、障害のある人や介助者、区内の公立中学校7校から集まったボランティア、福祉団体・施設の関係者、一般住民など約700人が集まった。

 参加者は協力して玉入れやふれあい競走、綱引きといった競技に挑戦。普段はあまり運動する機会のない人たちも、一生懸命取り組んでいた。競技に取り組む人たちへ向けた応援にも熱が入り、会場は大いに盛り上がっていた。

 同実行委員会の長瀬潔委員長は「大勢の人が参加して継続しているのが、この大会の素晴らしい所。中学生たちが、学校へ帰って体験したことを周りに伝えてくれれば」と話した。

栄区版のローカルニュース最新6

木村さんが楽しさ伝える

木村さんが楽しさ伝える スポーツ

サッカー教室に約70人

2月23日号

小学校に税の解説本寄贈

市内7法人会

小学校に税の解説本寄贈 社会

授業での活用を期待

2月23日号

「子どもの貧困」考える

「子どもの貧困」考える 社会

区社協が研修会

2月23日号

3月末までに配布開始

ヘルプマーク導入へ(上)

3月末までに配布開始 社会

2月23日号

3種目で初の全国大会へ

3種目で初の全国大会へ スポーツ

セントラル本郷台・児嶋さん

2月23日号

入学前に園児が交流

入学前に園児が交流 教育

たっちーらんどでフェス

2月23日号