栄区版 掲載号:2015年10月29日号

横浜栄高校

古典芸能を学ぶ 教育

昨年に続き能の授業

仕舞の所作に戸惑いながらも熱演の生徒ら
仕舞の所作に戸惑いながらも熱演の生徒ら
 横浜栄高校(中垣匡校長)で10月23日、国語総合の授業を活用して「古典芸能に親しもう」というワークショップがあった。同校1年生約240人が体育館に集まり、扇型に座って講師を迎えた。

 講師は次代を担う若手のホープ、坂井音隆、音晴の両氏。父親の坂井音重氏は、観世流シテ方職分坂井家当主で重要無形文化財総合指定者。能楽界を代表する能楽師の一人だ。音隆氏は次男で、音晴氏が三男。 

 まず能についての解説からスタート。生徒らは熱心に耳を傾けていた。「高砂」を実際に謡ったり、兄弟による仕舞の実演を目の当たりにした。選ばれた生徒らが扇を手にして仕舞の所作にも挑戦した=写真左。衣装を身にまとい、能面をつけた男子生徒は志願しての大役を見事に果たした=写真右。

 音隆氏は「能は、若い世代の人たちとの関わり、機会がない。能は本来なら大がかりなもので、見るのも大変。(今回の能の講座が)授業の教科書的なものでなく、身近に感じていただけたのであればありがたいこと」と話した。

男子生徒が貴重な体験
男子生徒が貴重な体験

栄区版のローカルニュース最新6件

「小菅ケ谷米」で餅つき

「じんじん」無料上映会

10回目の栄「第九」演奏会

2月5日

10回目の栄「第九」演奏会

1月19日号

映画で「学校参観」

区民と区長が夢語る

18歳、それぞれの未来図

野球×サッカー 新春対談

18歳、それぞれの未来図

1月12日号

関連記事(ベータ版)

栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/