栄区版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

栄区 独自のエンディングノート 3000部用意し区役所等で配布

社会

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena
エンディングノートをPRする職員
エンディングノートをPRする職員

 栄区版のエンディングノート「SAKAEシニアライフノート」がこのほど作成され、栄区役所高齢・障害支援課高齢者支援担当窓口もしくは区内に6カ所ある各地域ケアプラザで配布している。A4判全16ページ、3000部を用意。窓口担当者が使い方の説明をして手渡しするという。

 昨年秋の構想以来、1年余の期間を経て「栄区版エンディングノート」が完成した。社会福祉職4人、ケアプラザのソーシャルワーカー6人の計10人が作成に携わった。

 独自のエンディングノートとして注目を集めそうなのが「いきいき編」。栄区は高齢化が横浜市内で一番進んでいる区とされるが、一方で平均寿命が長く介護保険を使っている人が市内で一番少なく元気な高齢者が多い区だという。そこでチェックリストに運動機能、栄養、口腔機能、認知症、日常生活、外出、こころの健康という7項目を加え、市販されているものとは違う栄区の独自性をアピールしている。

 同ノートは、4つの項目に分けて整理できるようになっている。1つ目は住所、氏名、生年月日、家族・友人等の連絡先などを記入する「私のプロフィール」。2つ目が「いきいき編」。3つ目は介護が必要になった時について考えたり、介護保険の利用促進、成年後見制度について説明がある「そろそろ編」。4つ目は、延命治療が必要になった時や終末期の迎えについて、葬儀、相続・遺言などについて考えるといった「大切な人へのメッセージ」という構成だ。

 作成にあたった栄区高齢・障害支援課の担当者は「書きたいことはその時その時で変わってくる。一気に書かなくても途中からとか、書き換える、書き足すなど、振り返るきっかけづくりになれば」と話している。

栄区版のトップニュース最新6

全校開始も、喫食率0.9%

ハマ弁

全校開始も、喫食率0.9% 教育

依然、完全給食求める声も

2月23日号

新大船商店街で初の朝市

新大船商店街で初の朝市 経済

県内約30店舗が一堂に

2月23日号

一般会計実質1.3%減

市新年度予算案

一般会計実質1.3%減 政治

子育てなどに投資

2月16日号

創部4年目ながらも躍進

飯島中柔道部

創部4年目ながらも躍進 スポーツ

新人戦県大会で準優勝者も

2月16日号

旧耐震基準宅を戸別訪問

横浜市

旧耐震基準宅を戸別訪問 社会

熊本地震受け啓発強化

2月9日号

スマホの使い方考えて

スマホの使い方考えて 社会

小学生集まり初のサミット

2月9日号