栄区版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

横浜市 学校トイレ洋式化65% 全校実施目指し、改修急ぐ

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena
14年度に改修された、永野小学校=港南区=のトイレ(写真提供・市教育委員会)
14年度に改修された、永野小学校=港南区=のトイレ(写真提供・市教育委員会)

 横浜市内の公立学校で進められている、校舎トイレの洋式化率は現在約65%。市は2015年度、117校(前年度比88校増)で洋式化を進めるなど、17年度までの3年間、洋式化のスピードアップを図っていく。洋式化率の低く、地域防災拠点となっている学校を優先的に改修する予定だ。

「使い方わからない」

 総務省の統計によると、一般家庭の洋式トイレ保有率は89・6%(08年)。約9割の家庭で洋式トイレを使用しているため、児童・生徒からは「和式トイレの使い方がわからない」、掃除を行う用務員からは「フチを汚してしまっていることも多い」などの声もあるという。この現状を踏まえ、市は03年度からトイレの洋式化に向けた取り組みを実施。将来的に全校で100%の洋式化を目指している。現在、校舎トイレの洋式化率は市全体で約65%。毎年、概ね30校程度で改修が行われている。15年度は前年度の29校を大幅に上回る、117校で改修工事が行われる計画だ。改修計画に関して市教育委員会担当者は「子どもたちにとっての利便性を最優先に考え、洋式化率の低い学校から順番に、すべてのトイレの洋式化を進めます」と話す。

 また、トイレ関連企業で組織する「学校のトイレ研究会」の参加企業でもある、TOTO(株)の広報担当者も「学校のトイレは使いやすさが最優先。和式トイレを使えず排便を我慢することで、健康被害になる児童もいると聞いています。和式を残しても、結局使われていないということもあるようです」と学校トイレの現状を話した。

避難所体育館は50%

 横浜市の公立学校のうち現在、約450校が災害時の避難場所となる地域防災拠点に指定されている。しかし、防災拠点になっている学校の体育館トイレは、洋式化率が約50%に留まっているのが現状だ。有事の際には小さな子どもや高齢者、障害者など多くの人が使用するため早期の対応を望む声もあるといい、「校舎トイレの洋式化率が同じ場合は、防災拠点になっている学校を優先する方針」と市教育委員会担当者は説明している。

栄区版のトップニュース最新6

全校開始も、喫食率0.9%

ハマ弁

全校開始も、喫食率0.9% 教育

依然、完全給食求める声も

2月23日号

新大船商店街で初の朝市

新大船商店街で初の朝市 経済

県内約30店舗が一堂に

2月23日号

一般会計実質1.3%減

市新年度予算案

一般会計実質1.3%減 政治

子育てなどに投資

2月16日号

創部4年目ながらも躍進

飯島中柔道部

創部4年目ながらも躍進 スポーツ

新人戦県大会で準優勝者も

2月16日号

旧耐震基準宅を戸別訪問

横浜市

旧耐震基準宅を戸別訪問 社会

熊本地震受け啓発強化

2月9日号

スマホの使い方考えて

スマホの使い方考えて 社会

小学生集まり初のサミット

2月9日号