金沢区・磯子区版 掲載号:2011年3月3日号
  • googleplus
  • LINE

EVシェアリング開始 産業を活性化し、経済効果を狙う

社会

理事長らがEV車を試乗
理事長らがEV車を試乗

 「横浜グリーンバレー構想」の一環として、横浜金沢産業団地で電気自動車(EV)シェアリング事業が2月22日、実用を開始した。充電スタンドが設置された横浜化学工業団地協同組合駐車場(福浦)でお披露目会が実施され、関係者ら32人が参加した。

 同事業は、横浜市から同産業団地の中小企業約700社を束ねる横浜金沢産業連絡協議会(以下、産連協)が委託を受け実施する。初年度の予算は約1000万円で、国土交通省の「先導的都市環境形成促進事業費」を活用。将来的には企業が自立して運営できる体制の確立を目指すという。

 このEVカーシェアリングに参加しているのは、癸巳化成(株)、(株)たけとんぼ、(株)パラエルモサ、(株)シラド化学、横浜化学工業団地協同組合の5事業者約40人。三菱自動車の「i―MiEV(アイミーブ)」1台をリースし、参加会員が必要な時だけ利用する。利用者はパソコンや携帯電話から日時を予約をし、駐車場所へ行き乗車する。1回15分の急速充電で可能な走行距離は約60Km。主に団地内の移動に利用されるという。お披露目会で試乗した同組合の加瀨大明理事長は「遊園地のゴーカートを想像していたが、パワーがあった。音もすごく静か」と感想を話した。

 同事業の実施にあたっては、積極的に区内企業の製品や技術を採用した。グリーンバレー構想は、温室効果ガスの削減だけでなく、経済の活性化も目標に掲げている。団地内では、中小企業が連携しガソリン車をEVに改造する独自の試みも始動した。産連協の寺島専務は、「こうした自発的な動きが次々と出てくることで、産業が活性化することが地元企業の願い」と期待をこめて話している。
 

3/17・18 春まつり開催 

ミニ新幹線ドクターイエロー乗車体験、美味しいグルメ&ゲーム、菜の花大作戦も

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雑木林で「動物似顔絵」探し

    金子さんの草花の不思議発見第10回 葉痕(ようこん)

    雑木林で「動物似顔絵」探し

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    3月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク