金沢区・磯子区版 掲載号:2011年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

4月17日のYAMATO弦楽四重奏団の公演をプロデュースし、曲を提供する 幸松 肇さん 富岡西在住 72歳

民謡と弦楽四重奏の出会い

 ○…自身が「最上の音楽」と考える弦楽四重奏で日本民謡を演奏したらきっと面白いと作曲した「弦楽四重奏のための日本民謡」。それが、神奈川フィルハーモニー管弦楽団のコンマス石田泰尚さんの目にとまった。4月17日(木)には、幸松作品を石田さん率いる「YAMATO弦楽四重奏団」が演奏する4回目のシリーズ公演が開催される。「民謡とYAMATOの魅力、弦楽四重奏の音…3つの要素が集まって求めている音楽ができた。貴重な出会いです」と話す。

 ○…本職は東芝EMIで定年まで勤め上げたサラリーマン。忙しい会社勤めでも、早稲田大学時代に芽生えた弦楽四重奏への愛情は衰えることはなかった。取材に通された部屋の棚一面にはSPとLPがびっしり。聞けば、別の部屋にはCDが保管してあり、すべて弦楽四重奏のアルバムだとか。「ありとあらゆる角度から弦楽四重奏を味わうために、世界中から集めた」と顔をほころばせる。

 ○…今まで民謡をもとに作曲したのは全12曲。すべて著作権協会への登録はしていない。それも「多くの人に演奏して欲しい」という思いから。オーケストラ用も作ったが、一番合うのはやはり弦楽四重奏なのだという。「民謡はずーっと歌われてきたものだから、曲自体に力がある。だからハーモニーもすぐ見つかるし、アレンジがしやすい」。洗練された西洋音楽と素朴な民謡との融合は、どこか懐かしく耳に馴染む。

 ○…「地味で、日本で一番売れないジャンル」と弦楽四重奏を評すが、愛情は果てしなく深い。膨大な音楽を聴いて培ってきた弦楽四重奏への造詣は、評論などの執筆活動で生かしている。現在は、世界中に存在する800のカルテットを紹介する全6巻の本に取り組む日々だ。「読む人は限られていると思うけど、一般の人にも弦楽四重奏のよさを伝えたいんです」。一途な思いが言葉の端々から感じられた。
 

3/17・18 春まつり開催 

ミニ新幹線ドクターイエロー乗車体験、美味しいグルメ&ゲーム、菜の花大作戦も

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa

<PR>

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

深浦 茂晃さん

金沢区災害ボランティアネットワークの代表として区民の防災意識向上を図る

深浦 茂晃さん

3月15日号

橋本 藤子さん

NPO法人横浜金沢文化協会の事業部長で3月10日に行われる「かるた大会」の企画・運営に尽力する

橋本 藤子さん

3月8日号

小笠原 伸一さん

法人設立1周年を迎えた里海イニシアティブの代表理事を務める

小笠原 伸一さん

3月1日号

佐藤 孝明さん

杉田地区スポーツ推進委員連絡協議会会長で杉田マラソンの大会実行委員長を務める

佐藤 孝明さん

2月22日号

吉成 和幸さん

50周年を迎えた高舟台自治会の会長を務める

吉成 和幸さん

2月15日号

武部 貴則さん

1月15日、現役最年少で横浜市立大学先端医科学研究センター担当教授に就任した

武部 貴則さん

2月8日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雑木林で「動物似顔絵」探し

    金子さんの草花の不思議発見第10回 葉痕(ようこん)

    雑木林で「動物似顔絵」探し

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    3月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク