金沢区・磯子区版 掲載号:2011年4月14日号
  • googleplus
  • LINE

「金沢区にプレイパークをつくろう会」会長 村上 照美さん 富岡西在住 37歳

無理せず支えあいながら

 ○…5人の仲間を集めて、「金沢区にプレイパークをつくろう会」を立ち上げてから2年。今年4月から能見台中央公園で月1回、「金沢はれはれプレイパーク」を定期開催できるようになった。「親子連れはもちろん、子どもだけでも安心して遊びに行かせられるような場所にしたい」と穏やかに語る。

 ○…「ここまでやっていい場所があるんだ」。初めて行った港南台のプレイパークとの出会いは新鮮な驚きだった。ホースで思いっきり水を出しての泥んこ遊び、竹林の中にある秘密基地、危ないからと敬遠されがちな焚き火や木工作――。当時1歳だった息子が夢中になって遊ぶ姿が印象に残った。そして2009年の冬、たまたま参加した金沢区での1日プレイパークで、主催者が金沢でプレイパークを運営してくれる人を探していることを知り、心が動いた。「ボールが回ってきちゃったなと思った」と自然体な笑顔で話す。

 ○…何も分からないまま始めたプレイパーク作りはまさに手探り。「講座を開催してプレイパークへの理解を深めたり、どこの公園がいいか車で回ったり…。町内会とのつながりもなく、挨拶の手順がわからず苦労しました」と振り返る。今はメンバーが15人に増え、体制も整ってきたという。「子育てや仕事で忙しい人もいる。でもみんなができる範囲で無理せず支えあいながら、継続していきたい」と抱負を語る。

 ○…エネルギーにあふれる息子2人も、プレイパークの開催を「次はいつ?」と心待ちにしているそう。「クラスや学年が違っても、初めて会っても仲良くなれるのがプレイパーク。子どもの世界が広がる気がする」とその良さを語る。区内で好きな場所は、称名寺や海の公園などやはり自然が豊かな場所だとか。「子どもと一緒によく出かけます。同じ場所でも四季によって変わっていくから、違うことを感じられて面白い」と自然の魅力を語った。
 

3/17・18 春まつり開催 

ミニ新幹線ドクターイエロー乗車体験、美味しいグルメ&ゲーム、菜の花大作戦も

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa

<PR>

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

深浦 茂晃さん

金沢区災害ボランティアネットワークの代表として区民の防災意識向上を図る

深浦 茂晃さん

3月15日号

橋本 藤子さん

NPO法人横浜金沢文化協会の事業部長で3月10日に行われる「かるた大会」の企画・運営に尽力する

橋本 藤子さん

3月8日号

小笠原 伸一さん

法人設立1周年を迎えた里海イニシアティブの代表理事を務める

小笠原 伸一さん

3月1日号

佐藤 孝明さん

杉田地区スポーツ推進委員連絡協議会会長で杉田マラソンの大会実行委員長を務める

佐藤 孝明さん

2月22日号

吉成 和幸さん

50周年を迎えた高舟台自治会の会長を務める

吉成 和幸さん

2月15日号

武部 貴則さん

1月15日、現役最年少で横浜市立大学先端医科学研究センター担当教授に就任した

武部 貴則さん

2月8日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雑木林で「動物似顔絵」探し

    金子さんの草花の不思議発見第10回 葉痕(ようこん)

    雑木林で「動物似顔絵」探し

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    3月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク