金沢区・磯子区版 掲載号:2011年6月2日号
  • googleplus
  • LINE

一般社団法人「教育研究舎Eduken」が運営するKakeKomiCafe店長 松本 卓也さん 六浦市在住 20歳

教育への飽くなき挑戦

 ○…勉強や進路、恋愛、友達―中・高校生はとかく悩みが多いもの。「大人には話しづらくても、ちょっと先輩の話には耳を傾けてくれるのでは」と、小学生から高校生が自由に出入りでき、地域の人々と交流できる場「KakeKomiCafe」を平潟町にオープンした。自身が所属する横浜市立大学の教育研究サークルを母体に一般社団法人「教育研究舎Eduken」を立ち上げ運営を始め、店長としてカフェを切り盛りする。

 ○…大学入学後、同級生が「大学が楽しくない」「充実感がない」などと話すのを聞くにつけ、教育のあり方に問題があるのではと感じた。「学校という狭い世界の中では、広い可能性や将来の姿を考えにくいように思った」。そこで、「新しい学びの場を」という想いから、サークルメンバーと共に、地区センターなどで週に1〜2度、勉強などを教える活動を始める。だが、不定期な開催日と場所、学生のニーズとのギャップに、限界を感じることに。「居場所作り」の構想が膨らんでいった。

 ○…教師を夢見たのは小学生の時。問題があればみんなで話し合い、独自の学級運営をする担任を見て、「あんな先生になりたい」と思った。だが、事務作業に追われ生徒と向き合う時間のない教員の様子を間近で見て、「自分が目指す教育ではない」という思いを強くする。そこで芽生えたのは教育を支える側に回ること。「教師志望は多いが、その教師を支えるという人は自分の周りにはいない。だから地域と一緒になり学校教育を支えていきたい」と理想に燃える目で語る。

 ○…目指す職業は変わったが、「理想の教育環境の実現」という目的は変わらない。そのための手段を、既存の職業に囚われずに模索している。「もしかしたら、公務員制度を変えるために政界に進出しているかも(笑)」。若さとありあまる情熱を武器に、高い理想をクリアーするため、教育への飽くなき挑戦は続く。
 

3/17・18 春まつり開催 

ミニ新幹線ドクターイエロー乗車体験、美味しいグルメ&ゲーム、菜の花大作戦も

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa

<PR>

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

深浦 茂晃さん

金沢区災害ボランティアネットワークの代表として区民の防災意識向上を図る

深浦 茂晃さん

3月15日号

橋本 藤子さん

NPO法人横浜金沢文化協会の事業部長で3月10日に行われる「かるた大会」の企画・運営に尽力する

橋本 藤子さん

3月8日号

小笠原 伸一さん

法人設立1周年を迎えた里海イニシアティブの代表理事を務める

小笠原 伸一さん

3月1日号

佐藤 孝明さん

杉田地区スポーツ推進委員連絡協議会会長で杉田マラソンの大会実行委員長を務める

佐藤 孝明さん

2月22日号

吉成 和幸さん

50周年を迎えた高舟台自治会の会長を務める

吉成 和幸さん

2月15日号

武部 貴則さん

1月15日、現役最年少で横浜市立大学先端医科学研究センター担当教授に就任した

武部 貴則さん

2月8日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雑木林で「動物似顔絵」探し

    金子さんの草花の不思議発見第10回 葉痕(ようこん)

    雑木林で「動物似顔絵」探し

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    3月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク