金沢区・磯子区版 掲載号:2011年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

金沢吹奏楽団 まちに音響かせ50年 20日に節目のコンサート

文化

設立間もないころ(写真提供:国吉一夫さん)
設立間もないころ(写真提供:国吉一夫さん)

 区内で活動する金沢吹奏楽団は今月、創立50周年を迎えた。同団は11月20日にチャリティーコンサートを実施し、節目を飾る。たった5人から始まった楽団は、50年の時を経て、次なる歩みを始めた。

 楽団ができたのは1961年。中心になったのは上智大学2年生の国吉一夫さん(当時19・現県議会議員)だった。「地元の住民同士、音楽を通じて心の交流ができたら」と、2人の妹と友人に声をかけ、5人でスタートした。

 まず困ったのは活動資金だった。リヤカーを引いての廃品回収や、氷川丸での演奏アルバイトなど、団員たちは資金づくりに奔走。中古の楽器を少しずつ購入していった。練習場所にも困り、市立金沢高校の部室を借りて活動した。そんな苦しい黎明期も、「楽しかった」と振り返る国吉さん。東京オリンピック聖火リレーの中継点となった当時の金沢区役所前で、激励の演奏をしたことが一番の思い出だという。

 楽団はやがて、知名度も演奏レベルも向上し「市民バンド」として成長。今月、設立から丸50年を迎えた。

「地域と共に創る」

 現在も「かなすい」の名で親しまれている楽団は、学生やサラリーマン、主婦など、多彩な25人の”音楽好き”が練習に励んでいる。「さまざまな職種の人が合奏を楽しんで、翌日へのエネルギーを充電して帰っていく。練習と運営は大変ですが、充実した週末が送れます」とメンバーの寺田早苗さん。年1回の定期演奏会はもちろん、ケアプラザや老人ホームでの演奏、各種行事への参加など、地域の楽団として精力的に活動している。

 今回で10回目を迎えるチャリティーコンサートは、能見台の障がい者地域活動ホーム「りんごの森」を応援しようと立案されたもの。2002年に第1回を開催以来、「お世話になった地域の人々と共に創るコンサート」を目標に、毎年欠かさず続けてきた。これまでの寄付総額は80万円を超えたという。寺田さんは、「若い団員も年配の団員も、互いを磨きあって良い音楽を目指しています。これからも新しく楽しい演奏をお聞かせできれば」と意気込みを話した。

 コンサートは20日(日)午後1時開場、1時30分開演。場所は金沢公会堂で、入場料は600円。問い合わせは同楽団【携帯電話】090・7189・5298へ。
 

練習に励む現役団員ら
練習に励む現役団員ら

3/17・18 春まつり開催 

ミニ新幹線ドクターイエロー乗車体験、美味しいグルメ&ゲーム、菜の花大作戦も

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

天井改修終え4月再開

磯子スポーツセンター

天井改修終え4月再開

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

災害弱者対策 HP(ホームページ)で紹介

「バザーで被災地に元気を」

釜利谷西在住倉林さん

「バザーで被災地に元気を」

3月8日号

20年の思い込め雛人形展

釜利谷西在住佐々木さん

20年の思い込め雛人形展

3月1日号

母校・岡村小に記念絵画寄贈

脳性まひ画家塚田さん

母校・岡村小に記念絵画寄贈

3月1日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雑木林で「動物似顔絵」探し

    金子さんの草花の不思議発見第10回 葉痕(ようこん)

    雑木林で「動物似顔絵」探し

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    3月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク