金沢区・磯子区版 掲載号:2011年12月15日号
  • googleplus
  • LINE

パントマイムで笑顔届け 並木の遠見さん 被災地訪問続ける

文化

避難所の子どもたちと(遠見さん提供)
避難所の子どもたちと(遠見さん提供)

 並木在住のパントマイマー・遠見幸蔵さん(61)が、東日本大震災で被災した岩手・宮城・福島の3県を3回にわたって訪れ、パフォーマンスした。年明け後も引き続き訪問しようと、活動を続けている。

 パントマイムを披露する遠見さんの周りに、子どもたちが集う。避難所にひとときの笑顔が戻った―。

 「報道で被災地の子どもたちが沈んでいる姿を見て、他人事じゃないなと」。3月11日の大震災は、子ども好きで3人の孫を持つ遠見さんに、「何かしなければ」という気持ちをもたらした。「今自分にできるのは、パントマイムだけ」と被災地訪問を決意した。

 この話を聞いたパントマイム仲間はもちろん、仕事の関係で所属する異業種交流会「横浜テクノプラザ」メンバーらが協力。資金のほか、子どもたちへのお菓子やバルーンなどを大量に調達した。それらを自動車に詰め込み、4月末に単身で被災地入り。車両の立ち入りが制限される中、岩手県陸前高田市や宮城県気仙沼市、南三陸町などを訪れた。深刻な津波被害を受け、広がるがれきの山を目の当たりにした遠見さん。「この状況で本当にパフォーマンスをして良いのか、最後まで悩みました」と振り返る。

 それでも、避難所を一軒一軒訪ね歩くと、「ぜひやってほしい」という声が。了解が得られたところで次々にパフォーマンスした。「中途半端では失礼ですから、衣装もメイクも完璧にして、懸命にやりました。そしたら、驚くほど反応が良くて」。一気に6カ所の避難所をまわった。

 遠見さんは区内福浦の機械メーカーに勤務。11年前、孫娘の優季さんが誕生したのを機に、「孫と一緒にできることを始めたい」とパントマイムにチャレンジ。会社勤めをする傍ら芸を学び、野毛大道芸ほか各地で活躍するまでになった。区内でも、福祉施設や小学校などを精力的に訪問。現在では小学5年生になった優季さんが加わることもある。

 現地からの希望もあり、再度陸前高田や気仙沼を訪問した8月には、優季さんも同行した。「あの子も何かしなければと考えたんでしょう。今回のことでだいぶ成長しましたね」と、遠見さんは孫の変化に目を細める。

 今月11日で震災から丸9ヵ月。遠見さんは、「百聞は一見にしかず。報道とはまったく違う被災地の様子を、一度は見に行っても良いと思います」と呼びかける。「ここまでできたのは周囲の支えのおかげ。これからもできる範囲のことをしていくだけです」。年が明け、雪解けを待って再度の訪問を計画しているという。
 

3/17・18 春まつり開催 

ミニ新幹線ドクターイエロー乗車体験、美味しいグルメ&ゲーム、菜の花大作戦も

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雑木林で「動物似顔絵」探し

    金子さんの草花の不思議発見第10回 葉痕(ようこん)

    雑木林で「動物似顔絵」探し

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    3月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク