金沢区・磯子区版 掲載号:2012年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

旧小柴貯油施設など 災害時に有効活用へ 財務省が情報提供を開始

社会

 財務省横浜財務事務所はこのほど、緊急時に活用できる国有財産について、県内各自治体への情報提供を開始した。区内では旧小柴貯油施設などを含む5ヵ所が対象。旧米軍施設の有効活用に新たな道が開かれそうだ。

 この情報提供は、災害発生時に同財務事務所と各自治体が連携し、災害現地のニーズに応じて庁舎・宿舎・未利用地などの国有財産を活用するためのもの。3ヵ月ごとに活用可能な土地・建物の情報が更新される。

 金沢区内で使用可能とされたのは、長浜にある旧小柴貯油施設(49万7千平方メートル)など計5ヵ所。いずれも米軍や旧日本軍が所有していた未利用の土地だ。

 同貯油施設は、1948年に米軍が接収し、2005年に全面返還。以来、横浜市が管理委託を受け、いまだ立ち入りが制限されている。08年から都市公園としての整備を目指して土壌調査などが進められてきたが、一部土壌で化学物質が検出されたこともあり整備着手には至っていない。緊急時に限り、こうした遊休地活用への可能性が広げられることになる。

「具体策これから」

 同財務事務所の斉藤友博総務課長は「避難や応急処置など、災害時には広い土地が必要。万が一に備え、各地方公共団体に少しでも新しい情報を提供できれば」と話す。緊急時に自治体から要請があれば、柔軟に対応していくという。

 一方、金沢区役所総務課の魚屋義信課長は、「区民の生命・財産をどう守るかが最も重要。国からこうした情報が提供されるのは好ましいこと」としたうえで、「具体的な活用策はこれから検討していく」と話した。

 ただ、災害時にこれらの土地・建物がどのような用途で利用可能なのかは不透明。貯油施設についても、起伏が激しいうえ、34基の貯油タンクがいまだ残されている=写真=。有効活用には行政の連携・計画策定が必要になりそうだ。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

磯子区2校から部活大賞

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

ベンチプレス全日本選手権

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

2月15日号

「住み続けたい」「愛着」7割超

磯子区民意識調査

「住み続けたい」「愛着」7割超

2月8日号

富岡・能見台で見守り試験

京急電鉄富士通

富岡・能見台で見守り試験

2月8日号

「根岸に新たなにぎわいを」

若者支援団体K2グループ

「根岸に新たなにぎわいを」

2月1日号

金沢高・谷澤選手が快走

都道府県対抗駅伝

金沢高・谷澤選手が快走

2月1日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク