金沢区・磯子区版 掲載号:2012年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

市政報告 市民負担の前に、すべきこと 横浜市会議員 しのはら豪(36才)

登壇し条例の問題点を追及
登壇し条例の問題点を追及

 横浜市の一般職員の給与に関する条例に、前定例会で反対し、会派を代表して本会議で演説しました。

 ポイントは、震災以降、防災対応への財源が限られるなか、国が公務員給与7・8%削減を目指していることを知っていながら、市はあえて無視してその10分の1以下の削減に止めたことですが、具体的な反対の根拠は次の3点です。

【1】世の中の物価が下落するなか(2011年GDPデフレーター=マイナス0・98%)で、市側が提出した0・76%の削減幅は実質的には値上げになります。

【2】また、市が根拠とした民間格差調査にも問題があります。調査は、市内にある50人以上の大きな事業所1156のうち、229事業所を調査したものですが、市内には中小零細企業まで含めると12万3277もの事業所があります。これでは、中小事業所の実態がまるで反映されていません。

【3】そして最大のポイントは、「国で7・8%削減法案が可決された場合、横浜市としても同様の給与体系になるという認識でよいのか?」と我々が質問したところ、林市長が「仮に国で決まっても、横浜市は国の財源捻出のための対応に呼応することは考えていません」と、身を切らずにそのツケを市民に回す趣旨の答弁をしたことです。この姿勢は断じて許されないことです。

市民感覚の欠如に喝!

 これまで市に対しては、震災や放射能への対策、防災施策への遅れが指摘されてきました。その中で、限られた財源でやるには限界があるのだろうと思います。

こういった状況が理解できていれば、「合わせて実施することも検討します」と即座に言えるのが、市長本来の役割だと思います。

 来年度、震災対策で市債(借金)が110億円発行される予定です。一方、人件費は総額2697億円。やる気になれば、7・8%削減するだけで210億円の財源が捻出できるのです。

 我々みんなの党市議団は、既に「ボーナスカット5割条例案」を提出し、自ら身を切って財政不足解決を後押ししようと行動しています。当たり前の市民感覚を大切に、引き続き強く声をあげてまいります!
 

横浜市会議員 篠原(しのはら)豪

横浜市金沢区富岡西2-7-20

TEL:080-4209-0468

http://lets-go-yokohama.jp/

金沢区・磯子区版の意見広告・議会報告最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク