金沢区・磯子区版 掲載号:2012年1月26日号
  • googleplus
  • LINE

今年、開館20周年を迎える「上郷・森の家」の館長 柴田 和久さん 富岡東在住 60歳

誇れる”ハウステンボス”に

 ○…横浜市唯一の公共の宿として開館した「上郷・森の家」。20周年を迎える節目の年に館長として、利用者を出迎える。今月からは、その魅力を多くの人に伝えようと、1泊2食付4900円の市民向け20周年特別プランを打ち出した。「貴重な横浜の自然に溶け込むよう、鉄筋コンクリートを使わず、木のあたたかみを生かしているのが森の家。横浜にある箱根だね」と白い歯をのぞかせる。

 ○…磯子区や金沢区内の小・中・高校に通い、神奈川大学に進学した生粋の横浜っ子。横浜市の職員になったのも自然な流れだった。13年間の長い港湾局勤務を経て金沢区の海の公園で3年、森の家には一昨年に赴任した。まさに海から山へだが、「海で採れる海苔と山で採れる梅が入ったおにぎりのよう」と笑う。今は「趣味よりも森の家」と、リピーターをさらに増やすべく、職員とともに知恵を絞る。「20年前とは利用者の考えも違う。さらに喜んでもらえるように、変えない所は変えず、変えるべきところは変えていかないと」

 ○…バーベキュー場や体育館として利用できるミニドーム、水着で利用できるバーデゾーンなども備える同館。年間3万人が訪れる中で最も多いのは小学生の体験宿泊での利用だ。今年は森の家が審判となり、学校対抗の大縄跳び大会を計画している。「認定証を出して館内に参加校一覧を貼り出し、20周年の記念大会をできれば」。子どもたちの思い出の中にその存在を刻む。

 ○…近所に住む5人の孫はかわいい盛り。初孫は50歳になって数日が過ぎた日に生まれ、「40代でおじいちゃんになりたかったが、惜しかった」と話す。その孫が小学生になり、宿泊体験に来た時は「こっそり小さく手を振り合った」と目を細める。森の家はオランダ語でハウステンボス。「長崎にはかなわないけれど、上郷のハウステンボスとして30年を迎える時まで守り続けたい」-今年も多くの利用者を笑顔でもてなす。
 

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

吉成 和幸さん

50周年を迎えた高舟台自治会の会長を務める

吉成 和幸さん

2月15日号

武部 貴則さん

1月15日、現役最年少で横浜市立大学先端医科学研究センター担当教授に就任した

武部 貴則さん

2月8日号

小島 信博さん

磯子区太極拳協会会長として普及活動に力を入れる

小島 信博さん

2月1日号

小竹 一臣さん

お米マンプロジェクトの代表で子どもたちへの食育に力をいれる

小竹 一臣さん

1月25日号

芳垣 隆司さん

「新春百人一首大会」を主催した釜利谷地区青少年指導員協議会の地区長を務める

芳垣 隆司さん

1月18日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月11日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク