金沢区・磯子区版 掲載号:2012年2月16日号
  • googleplus
  • LINE

湘南八景自治会 サロン整備で地域力醸成 「ヨコハマまち普請」で実現へ

社会

コンテストで質問に答えるメンバー
コンテストで質問に答えるメンバー

 市民が主体となって発案した環境整備に対し、最高500万円を助成する「ヨコハマ市民まち普請(ぶしん)事業」の2次コンテストが2月4日、開港記念会館で開催された。1次コンテストを通過した3団体の発表と審査が行われ、全団体への助成が決定。金沢区からは湘南八景自治会役員とボランティア団体の湘南八景「お助けマン」が提案した「地域力醸成の拠点となるコミュニティーサロンの整備」が選ばれた。

 湘南八景は朝比奈の高台に位置し、約40年前に宅地開発された地域だ。現在、一人暮らし高齢世帯が300を超し、孤立化や近隣関係の希薄化が課題となっている。昨年4月から高齢者70人の定期的な見守りを開始したが、寂しさや不安を訴える人が多くいたという。また、7月に行った住民アンケート(1947世帯に配布、回答率78%)でも、約400人が「高齢者の活動交流の場」、約300人が「住民が自由に交流できるサロン」、約110人が「子育て世代の親子交流や居場所」を求めているという結果が出ており、サロン整備を要望する声は多い。

 こうした背景を受け自治会は、倉庫として使われていたマンションの一室を購入。誰でも気軽に立ち寄り、住民同士が世代を超えて交流することのできる、コミュニティーサロンを整備することを決め、まち普請事業にエントリーした。

「ほっこり」できる場に

 サロンは、地域の人々にほっとくつろいでもらいたいという思いを込めて「ほっこり」と命名。午前11時から午後4時までは軽食などを提供するカフェだが、「買い物が不便な地域なので、月1回は朝市を開き、野菜や手作りクッキーなども提供していきたい」とお助けマン事務局の武井晴子さん(67)は話す。4時以降は放課後の子どもたちの居場所として活用していく考えだ。また、レンタルボックスや子育て世代のためのキッズコーナーなどを設け、世代を超えて交流できる場を目指していく。

 課題となる「次世代の人材の発掘・育成」については、ゲストを招き体験談などを聞く「宵の口サロン」で、若手壮年世代を活動に取り込んでいきたいという。自治会総務部長の村上芳さん(66)は「楽しく活動している姿を見せられれば、みんなも参加してくれるはず。アイデアを出し合い、進化していくサロンにできれば」と力を込める。

 オープンは、改修工事やスタッフの研修を終えた5月中旬を予定している。
 

サロンになるマンションの一室
サロンになるマンションの一室

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

磯子区2校から部活大賞

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

ベンチプレス全日本選手権

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

2月15日号

「住み続けたい」「愛着」7割超

磯子区民意識調査

「住み続けたい」「愛着」7割超

2月8日号

富岡・能見台で見守り試験

京急電鉄富士通

富岡・能見台で見守り試験

2月8日号

「根岸に新たなにぎわいを」

若者支援団体K2グループ

「根岸に新たなにぎわいを」

2月1日号

金沢高・谷澤選手が快走

都道府県対抗駅伝

金沢高・谷澤選手が快走

2月1日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク