金沢区・磯子区版 掲載号:2012年2月16日号
  • googleplus
  • LINE

自宅で雛人形を展示 釜利谷西の佐々木さん

文化

色鮮やかな雛人形が並ぶ佐々木さん宅
色鮮やかな雛人形が並ぶ佐々木さん宅

 釜利谷西に住む佐々木幸子さん(69)は、この時期自宅を開放し、色鮮やかな和古布で作った手作りの雛人形とつるし雛の数々を展示している。

 もともとレース編みや洋裁など針仕事が好きだったという佐々木さん。つるし雛は、伊豆の稲取でその美しさに感動し作り始めた。まったくの自己流だったが、当時は作っている人が少なく、珍しがられたという。「華やかで愛らしいつるし雛は私にとって”癒し”。一つ一つのパーツに言われがあって、例えば野菜は料理上手に、花は美しくなるようにと願いが込められているんですよ」という。

 現在は自宅で教室を開き、バリエーション豊かな雛人形やつるし雛を教えている。初孫に作ってあげるために習い始めたという生徒は「最初はできるかなと思っていたけど、やってみたら楽しくて。出来上がりが楽しみ」と笑顔で話していた。

 展示は土曜・日曜を除き3月末まで(住所/釜利谷西1の36の18、製パン店「ペペルル」隣)。時間は午前10時から午後4時。見学希望者は必ず事前に【電話】045・785・3152(佐々木さん)まで連絡を。
 

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク