金沢区・磯子区版 掲載号:2012年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

震災から1年 各地で被災地へ祈り

社会

「鎮魂の歌」の奉納も(瀬戸神社提供)
「鎮魂の歌」の奉納も(瀬戸神社提供)
 東日本大震災の発生から丸一年を迎えた3月11日、金沢区内各地で犠牲者の鎮魂と被災地の復興を願う催しが行われた。

「心の復活」願って

 瀬戸神社(佐野和史宮司)は11日、境内で「鎮魂といのりの夕べ」を開催した。当日は地域住民ら約100人が訪れ、厳かに祈りをささげた。

 この集いは、「3月11日に神社として何かできないか」との思いから計画された。竹筒を使った献灯のほか、祝詞(のりと)や大祓(おおはらえ)などの神事、区内在住のシンガー・森美紀子さんらによる「鎮魂の歌」の奉納もあった。

 「経済的支援やボランティアだけではなく、『心の復興』も大事。被災地のみならず、すべての人々の心を復活させないと」と佐野宮司。古事記にある「修理固成(つくりかためなす)」という言葉を引用し、「みんなでこの国をずっとつくり続けるという気持ちが必要。その機会をつくっていきたい」と話した。今後も「心の復興」をめざし、祈りを続けていく考えだ。

鎮魂のキャンドル

 今月3日から18日にかけ、「東北地方応援の日」を開催した横浜・八景島シーパラダイスは11日、訪れた人々に呼びかけて応援メッセージの寄せ書きやキャンドルメッセージを実施。犠牲者に祈りをささげた。中には、自ら作ったキャンドルを持参する人もいた。

 10・11日の2日間は、岩手・宮城・福島の3県に住む人を招待。被災した水族館「アクアマリンふくしま」(福島・いわき市)と「マリンピア松島」(宮城・松島町)への応援として、両館のPRブースも設けた。

 同社は、「横浜から東北へ元気を発信するために開催した。引き続き何らかの形で支援を続けていきたい」と話している。

手づくりキャンドルで祈りを捧げた(横浜八景島提供)
手づくりキャンドルで祈りを捧げた(横浜八景島提供)

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

『横濱愛』でまちづくりを

横浜青年会議所

『横濱愛』でまちづくりを

2月15日号

「感謝」胸に50周年

「産業団地の魅力知って」

旧柳下邸の雛祭り

つぼみほころぶ杉田梅

妙法寺

つぼみほころぶ杉田梅

2月15日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月15日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク