金沢区・磯子区版 掲載号:2012年5月24日号
  • googleplus
  • LINE

被災地に横浜の「鯉」 区内からも寄付 気仙沼で

社会

270匹が大島の空を泳いだ(提供/ともに浜をつくる会)
270匹が大島の空を泳いだ(提供/ともに浜をつくる会)

 横浜の砂浜再生に取り組むNPO法人「ともに浜をつくる会」(石田猛理事長)はこのほど、宮城県の気仙沼市立大島小学校に270匹のこいのぼりを寄付した。こどもの日5月5日に同校を訪問したメンバーらによって校庭に掲げられた。

 こいのぼりは、「大島の子供たちに希望と夢を与えたい」と同NPOが寄付を呼びかけ、4月末までに集めた。区内の横浜南部市場共栄会(和田實理事長)も協力し、個人所有者らから預かった17匹を提供している。

 気仙沼湾内に浮かぶ大島は、震災で31人の死者・行方不明者を出した。がれきが海底を埋め尽くし、基幹産業だった養殖業は壊滅状態に陥った。同NPOの石田理事長(82)に、大島出身の親類がいることから支援がスタート。主旨に賛同した都内の商社から資金援助を受けながら、ボランティア活動を続けてきた。

 50年前まで中区本牧で漁業を営んでいた石田理事長は、「住宅の再建や漁業の復興はまだまだ。海と浜に育てられた身として、少しでも役に立てれば」と話す。同NPOは今後も、支援活動を続けていく考えだ。
 

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク