金沢区・磯子区版 掲載号:2012年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

キャンパスタウン金沢 4団体に決定 地域との連携を重視

 金沢区と区内2つの大学(関東学院大学、横浜市立大学)が連携してまちづくりを行う「キャンパスタウン金沢」のサポート事業に、各大2団体ずつ計4団体が選ばれた。より地域に根差した活動を進めていく方針だ。

 区は2008年度から「大学の活力を生かしたまちづくり」を掲げ、大学や学生の知識などを生かしたまちづくりを行う「キャンパスタウン金沢」を行ってきた。そのサポート事業として地域活動を行う学生や教員に補助金を交付している。今までに両大学合わせてのべ18団体に交付。4年目となる今年度は、学識経験者や自治会・町内会長などを交えた審査会を経て4団体が補助金交付の対象に決定した。

 また、今年度からは補助金の限度額を引き上げ。区内自治体や商店街など、地域と連携して行う活動への上限が20万円から30万円に増額された。

「地域に入る」まちづくり

 活動4団体のうち新規となるのは関東学院大学・中津研究会と横浜市立大学・三輪研究会。中津研究室は並木地区を中心に課題となっている高齢化に焦点をあてる。「まちを良くするためには子どもを増やすことが大切。手当てよりもお年寄りパワーが必要になる。お年寄りがいることが嬉しいまちになるよう、社会のしくみをデザインしたい」と工学部の中津秀之准教授は話す。今回は子どもと高齢者で「舟だまり」を活用した交流スペースを考えるワークショップや子育て支援に関するニーズなどについての調査を行う。

 三輪研究室では今年4月に開設した「金沢区青少年の地域活動拠点」を活用し、小・中・高生を中心とした地域の多世代交流を促していく。横浜市立大学・国際総合科学部の三輪律江准教授は「地域の担い手として大切な中・高生だが、地域との関わりが希薄になりがちなのもこの世代。地元に定着するような基盤づくりが必要」と話した。また他の研究室とも連携していく予定だという。

 今年3年目となる横浜市立大学・金沢研究会も新たに災害時に備えた防災マップの作成に取りかかる。関東学院大学・水沼研究室は恒例となった、旧伊藤博文金沢別邸での「ライトアップ&コンサート」に加え、新たに「伊藤邸新聞」を発行する。同大・人間環境学部の水沼淑子教授は「地域資源の魅力を地元の人に再発見してほしい」と話した。

 「実際に地域に入って活性化を行う取り組みが多くなっている」と区役所区政推進課の担当者が指摘するように、明確な問題意識をもった取り組みが目立つ。課題解決に向けたより具体的な活動が期待される。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

磯子区2校から部活大賞

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

ベンチプレス全日本選手権

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

2月15日号

「住み続けたい」「愛着」7割超

磯子区民意識調査

「住み続けたい」「愛着」7割超

2月8日号

富岡・能見台で見守り試験

京急電鉄富士通

富岡・能見台で見守り試験

2月8日号

「根岸に新たなにぎわいを」

若者支援団体K2グループ

「根岸に新たなにぎわいを」

2月1日号

金沢高・谷澤選手が快走

都道府県対抗駅伝

金沢高・谷澤選手が快走

2月1日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク