金沢区・磯子区版 掲載号:2012年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

燃やすごみ 昨年度は増加 早朝啓発で分別を呼びかけ

社会

早朝啓発で分別を呼びかけ
早朝啓発で分別を呼びかけ

 2011年度に金沢区内で出た燃やすごみの総量は3万2727tで、前年度より389t増加した。区民一人あたりに換算しても1日430gで前年比プラス7gと微増。ごみ削減を目指す「G30プラン」が開始した04年度から減り続けていた総量は、初めて増加に転じた。横浜市全体でも同様の傾向となった。

 区内のゴミ処理業務を行う資源循環局金沢事務所の柴原茂樹所長はこの増加の一因を「昨年9月の大型台風の影響」と見る。「9月までは前年を上回るペースで削減できていた。台風で損壊した家屋の部材、倒木などのごみが一気に増え、プラスになってしまった」と話す。「G30プラン」や10年度から開始した「3R夢プラン」で市民の分別の意識が高まり、地域も積極的に協力していることが削減につながっているとする一方で、従来の削減方法では限界に達しているのではという懸念も示した。

 また、今年4・5月の燃やすごみの総量も、区内では対前年比4・6%増となった。「緑が多い金沢区は、新緑の季節に剪定のごみが増えるのが特徴。これ以降は減ってくるはず」という。

地域ぐるみで取り組み

 こうした現状を受け、同事務所は6月の毎週月曜と火曜に、取り残される未分別ごみが特に多い主要駅周辺などで早朝啓発を実施した。ごみを出す人の分別状況を確認し、分別が不十分な場合にはその場で説明。生ごみの水切りの重要性などを訴えた。早朝啓発に参加した環境事業推進委員を18年間務める藤井京子さんは、「昔は集積場に3倍くらいのごみがあった。(啓発の)ききめは多少なりともあるので、定期的に実施できれば」と話した。
 

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク