金沢区・磯子区版 掲載号:2012年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 要援護者名簿 原則提供へ 拒否者除き、有事に活用

 災害時に自力避難が困難な「要援護者」と地域の防災組織の関係づくりを後押ししようと、横浜市は一人暮らしの高齢者や障害者の個人情報を自治会町内会などに提供する、新たな仕組みを打ち出した。来年中の運用開始を目指し、各団体との協議や条例改正に向けた手続きを進める方針だ。

 要援護者の個人情報を自治会等に提供するための意思確認として、横浜市ではこれまで、支援を望む対象者が名簿登録を申し出る「手上げ方式」と、情報提供の同意を得た対象者のみ名簿に反映する「同意方式」を採用。併用や独自方式を含め、各区でいずれかの方式が取られてきた。

 政令市初の導入を目指す「情報共有方式」は、名簿登録を対象者に事前通知し、拒否した人を除いて個人情報を提供するもの。対象者への意思確認に受け身だった従来方式に比べ、より能動的な支援につながることが期待される。同意方式が運用されている金沢区では、今年1月の調査で返信率は51%にとどまっている。

 新方式について市健康福祉局では「同意の返信がない人や、妊娠中や育児中の人など市で把握しきれていない層をカバーするための選択肢になり得る」と見込む。同様の方式を運用する東京都中野区では、約1割の拒否率にとどまるという。

 4月に行われた市の調査によると、市内の自治会町内会2873団体のうち、独自の取り組みを含むいずれかの方式を導入しているのは、約63%に当たる1815団体。同局では100%の導入を目標とし、「自治会の高齢化など課題はあるが、新方式が顔の見える関係づくりのきっかけになれば」と期待を込める。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

磯子区2校から部活大賞

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

ベンチプレス全日本選手権

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

2月15日号

「住み続けたい」「愛着」7割超

磯子区民意識調査

「住み続けたい」「愛着」7割超

2月8日号

富岡・能見台で見守り試験

京急電鉄富士通

富岡・能見台で見守り試験

2月8日号

「根岸に新たなにぎわいを」

若者支援団体K2グループ

「根岸に新たなにぎわいを」

2月1日号

金沢高・谷澤選手が快走

都道府県対抗駅伝

金沢高・谷澤選手が快走

2月1日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク