金沢区・磯子区版 掲載号:2013年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

横浜・八景島シーパラダイス 新施設 3月にオープン 自然環境との共存目指す

全体完成の予想図
全体完成の予想図

 今年開業20周年を迎える「横浜・八景島シーパラダイス」に3月、新施設がオープンする。人が自然の海と触れ合い、海と共に成長していくという「海育(うみいく)」をコンセプトに据え、同時に環境改善も図っていく。

 舞台は自然の海。「遊んで学んで食べられる、天然水族館」と題し、来場者が海と触れ合える仕掛けをつくる。

 島内のセントラルベイ(約7300平方メートル)は、実際に泳ぐ魚を浅瀬で掴み獲り体験できるよう整備。季節の魚が泳ぐ釣りエリアも設け、獲った魚をその場で調理して食べる「食育」の機会も提供する。本来の生物の姿が観察できる海中遊覧船や海中カメラも導入。多方面からの海育を目指す。

 アトラクションも充実させる。クジラ型の電動ボートで海に出て、そこで暮らすイルカに会いにいく体験型アトラクションになる予定だ。新施設に隣接する海上エリアにオープンする。

環境改善がベース

 布留川信行社長は「ベースは環境改善。海との触れ合いも魚を通した食育も、綺麗な海でないとできない」と話す。

 そのために、まずセントラルベイの環境改善・水質浄化に着手。カキやナマコなどの浄化作用を持つ生物を入れ、その様子を可視化することで環境改善の重要性を啓発する狙いだ。

 同時に海洋を利用した温室効果ガス削減を進める。これまで地球温暖化対策の中心だった森林による二酸化炭素の吸収(グリーンカーボン)に対し、2009年の国連環境計画の報告書は海洋生物の二酸化炭素吸収(ブルーカーボン)の重要性を指摘。自然界の55%がブルーカーボンとした。新施設はこの作用に注目。横浜市と協働して貝類や藻類を育成し、ブルーカーボンを活用した環境改善を進めていく。布留川社長は「首都圏の横浜でやるからこそ価値がある。大勢の人が本来の日本の海を体感できるのでは」と話していた。
 

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

鉛筆900本をネパールに

山王台小学校

鉛筆900本をネパールに

3月29日号

北欧民族楽器の響き紹介

4月7日長浜ホール

北欧民族楽器の響き紹介

3月29日号

関東学院大、関内に新拠点

国の登録文化財へ

旧長濱検疫所

国の登録文化財へ

3月22日号

天井改修終え4月再開

磯子スポーツセンター

天井改修終え4月再開

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

神奈川大学 生涯学習講座

100種類以上の多彩な講座。どなたでも受講いただけます。

http://ku-portsquare.jp/site/course/list/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

宮沢勝之さんが出演

宮沢勝之さんが出演

ばんぼしゅでコンサート

4月23日~4月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 海の公園と金沢自然公園

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第23回

    海の公園と金沢自然公園

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会 本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    3月29日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク