金沢区版 掲載号:2013年7月18日号

音楽で生まれる共感 文化

金沢発の弾き語りシンガー

Momocoさん
Momocoさん
 「自分の心を動かせない曲は誰の心も動かせない」―。金沢文庫在住のシンガーソングライターMomoco(ももこ)さんは真っ直ぐに前を見据えて語る。

 関東圏内のライブハウスで演奏をしているほか、金沢区では2週に一度、実家の居酒屋でライブを行っている。演奏の多くは、ギター一本での弾き語り。ステージではたったひとりだが、「不安を感じたらお客さんに伝わる。笑顔になってもらいたいから、私も笑顔で歌います」と力強い。

 昔から歌うことが好きだった。幼いころのビデオには、何十分も歌い続ける映像が残っているという。中学は合唱部。高校生の頃はボイストレーニングの教室に通った。その頃に出会った芸能界を目指す人たちに触発された。「私も、音楽を通して何かを伝えたい気持ちが大きくなりました」

 高校卒業後は音楽の専門学校へと進み、作詞・作曲を覚えた。ギターも覚えた。がむしゃらだった。「両親はとても協力的。でも、期待を重く受け止めすぎて、それがいつからかストレスになってしまったんです」。

 自分の好きなように歌うだけの日々でいいのだろうか―。葛藤を超えて音楽を続けられたのは、ある人に「やめてしまえ」と言われたことがきっかけだ。「逆に気持ちがすっきりした。やっぱり歌いたいと思ったんです」。当時作った『あめだま』という曲には、「自分の心を否定するよりも 強く信じて生きていこう」と前向きな気持ちが綴られている。徐々に聴く人に共感してもらうことが増えた。「なかなか口に出せない気持ちを歌ってくれる」という言葉が嬉しかった。

 現在、金沢文庫駅前で「ふれあいシティ金沢文庫街かどライブ」を企画。地元商店街の協力もあり毎月の恒例となった。「金沢がもっと、音楽の盛んな街になってほしい。私と同じように『音楽で何かを伝えたい』という人が増えるように。私が動くことで、応援してくれた人に恩返しができたらな」。弱冠23歳、「自分を救いたくて作った」という曲の数々が、徐々に聞く人の心へと広がっている。

金沢区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

金沢区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク