金沢区・磯子区版 掲載号:2013年7月18日号
  • googleplus
  • LINE

夏祭り区内各所で

社会

地域住民でにぎわう会場
地域住民でにぎわう会場
 区内各所で夏祭りが開かれる7月。先週末の13日・14日は洲崎神社や八幡神社、瀬戸神社の氏子である各町内会などで行われた。

 川町内会は、六浦4丁目の空き地で実施。お囃子が響く中、出店が並び多くの地元住民で賑わった。川町内会の屋台は1859年、横浜開港の年に建造された。繊細で迫力あふれる彫り物が随所に飾られている。建造当時の世帯数は、わずか44戸。「先人たちの心意気が感じられる。大事に受け継いでいきたいね」と同町内会の氏子総代・鈴木巽さん(73)は話す。

 この屋台上でお囃子を奏でて祭りを盛り上げるのは、諏訪会だ。「メリハリがあるのが、特徴。笛が生きる所では太鼓は抑え目に叩く」と30年以上の太鼓歴を持つ内田則明会長(71)。現在、子どもの部は15人で、お祭りなどで活躍。他町内から入れて欲しいと言われるほど人気だという。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク