金沢区版 掲載号:2013年7月18日号

シニアクラブ連合会50周年記念誌『金沢の今昔』著者の

竹内 泰久さん

平潟町在住 78歳

金沢の昔話を伝えたい

 ○…金沢区の歴史を描いた小冊子『金沢の今昔』を著した。同著はシニアクラブ連合会50周年を記念し発行。平潟町のシニアクラブの会長を務めていることもあり、同会会長から依頼された。これまでも金沢の歴史に関する5冊の本を執筆している。

 ○…歴史を好きになったきっかけは、子どもの頃。近所に住む老人がよく、金沢の昔話をしてくれたという。「木の下や陽だまりに子どもたちが集まって、おじいさんの話を聞いていた。娯楽が少ない中、一番の楽しみでした」。楽しかった昔話の内容は、今でもしっかりと覚えているという。さらに自分自身も歴史とつながっていることを強く意識するエピソードを知った。1887年に起きた、憲法草案の盗難事件。畑に捨てられていた草案を拾ったのが、曽祖父だった。かつて伊藤博文らが明治憲法の草案を作った旅館に、曽祖父が勤めていたという。「こうした金沢の昔話を描いた本は今までになかったので、本に残したいと思った」と話す。

 ○…「自分にしか書けない本を」という思いから、約1年をかけて『金沢に伝わるむかし話』をまとめた。富岡八幡宮の起源や黒船来航時の様子、もちろん明治憲法の盗難事件も含め、22編の物語をいきいきと描いた。同著は大きな反響を生み、県内外から「欲しい」と問い合わせがあった。翌年にはさらに22編を掲載した第2集を出版。「300部ずつ刷ったけれど、今手元には1冊ずつしか残ってないよ」と笑う。

 ○…中学校の元教諭。工業試験場で機械の改造をしていた経験から、技術科の教師にならないかとスカウトされた。「以前は鉄の塊が相手だったが、こんどは人間相手。これがおもしろかった」。今も人前に立つのは得意で、年に数度、小学校や町内会の講演会で昔話を話している。脈々と伝わる金沢の昔話は、今なお「語り手」によって次世代へと語り継がれている。

金沢区版の人物風土記最新6件

飯田 聖美 さん

横浜少年少女合唱団の指揮者を務める

飯田 聖美 さん

1月19日号

森 大樹(だいじゅ)さん

第66代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

森 大樹(だいじゅ)さん

1月12日号

吉井 一摩さん

大使館主催のリサイタルやサロンコンサートなどの傍ら、後進指導にも力を注ぐ

吉井 一摩さん

1月5日号

尾関 良雄さん

風見鶏を製作し、立体アート作家としても活動する

尾関 良雄さん

1月1日号

今井 礼欧さん

ヨーロッパでビール醸造家として活躍する

今井 礼欧さん

12月15日号

小室 寛二さん

東洋電機製造の社員でこのたび「卓越した技能者(現代の名工)」を受賞した

小室 寛二さん

12月8日号

関連記事(ベータ版)

金沢区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク