金沢区・磯子区版 掲載号:2014年3月20日号 エリアトップへ

後見的支援室が開所 障害者見守り体制を構築

社会

掲載号:2014年3月20日号

  • LINE
  • hatena
「帆海」のスタッフ
「帆海」のスタッフ

 金沢区障害者後見的支援室「帆海(ほなみ)」が3月1日、能見台通に開所した。同支援室は障害者やその家族が安心して地域で暮らせるよう、定期的な訪問や日常の見守り、将来への相談に応じる。

 同支援室は2010年度から開始した「横浜市障害者後見的支援制度」に基づき設置された。

 この制度は、障害者の望む暮らしが生涯にわたって実現できるよう、地域の見守り体制を作ることが目的。市が過去に行ったアンケートで「家族が高齢になり将来介助してくれる人がいない」という不安を持つ障害者が3割に達したことがわかり、そうした課題に対応するため、同制度の制定に向けた協議が2009年度から行われてきた。

 制度に登録した障害者に対し支援室は、日々の暮らしや不安、将来の希望、目標などをヒアリング。その上で、市社会福祉協議会職員の「あんしんマネジャー」が、地域における本人への見守り計画を作成する。

 見守り計画に基づいて施設スタッフの「あんしんサポーター」は、日中の活動の場や暮らしの場に月1回程度の訪問を行う。さらに近隣住民や民生・児童委員、日ごろ利用する事業所の職員を「あんしんキーパー」として任命し、障害者の緊急時や変化があった場合には、支援室に連絡するなどの協力をしてもらう。

 同支援室職員で「あんしんマネージャー」を務める鈴木健さんは、「高齢になった親御さんからの相談が多い」と話す。当面は障害者やその家族への周知に努めていくとした上で「本当に必要な人に利用してもらえるような支援室にしていきたい」と展望を話す。

 制度への登録対象は区内在住の18歳以上で、日常の見守りや将来の生活に関する相談を希望する人とその家族。通院中など、障害者認定を受けていなくても登録することが可能で、利用は無料だ。食事作りや入浴、買い物などの家事援助や、金銭や書類の預かりなど直接的支援は含まれない。

 現在、市内11区で支援室が設置されており、金沢区では社会福祉法人すみなす会が、市の委託事業として運営を行う。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月17日号

建築新人戦で最優秀賞

関東学院大長橋さん

建築新人戦で最優秀賞 教育

変幻自在な住まいを提案

10月17日号

「55年経て、再び聖火を」

大道在住佐藤さん

「55年経て、再び聖火を」 社会

大病乗り越え走者目指す

10月10日号

治療と仕事の両立を支援

横浜市大付属病院

治療と仕事の両立を支援 社会

病気による離職を抑制

10月10日号

2校の「富岡中」が交流

2校の「富岡中」が交流 教育

地名縁に金沢区から福島へ

10月3日号

被災乗り越え開催へ

AozoraFactory

被災乗り越え開催へ 社会

「こんな時だから活気を」

10月3日号

有志ボランティアが活動

金沢区産業団地

有志ボランティアが活動 教育

市内外から 被災企業を支援

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク