金沢区・磯子区版 掲載号:2014年5月29日号
  • googleplus
  • LINE

スズメバチの捕獲開始 1カ月で女王256匹

誘引剤の入った容器を木から降ろす=金沢動物園、写真上=、写真下は捕獲された女王バチ
誘引剤の入った容器を木から降ろす=金沢動物園、写真上=、写真下は捕獲された女王バチ
 昨年、金沢区内でスズメバチに刺された人数は21人。区ではスズメバチによる被害を減らそうと、4月16日から女王バチの捕獲調査に乗り出した。

 5月14日、金沢動物園内にある木の、高さ4mほどの場所にしかけられた誘引剤が引き下ろされた。焼酎と黒砂糖、酢などで樹液の成分に似せて作られた誘引剤の中には大量のスズメバチ。その後、区職員が容器に移し替え種類の判別作業に取りかかった。

 女王バチの捕獲調査を行うのは横浜市内で保土ケ谷区(2012年度〜)に続いて2例目。同区や他自治体で有効だった方法を参考に進められている。

 「被害を減らすためには巣を減らすこと。そのためには女王バチの捕獲が必要」と話すのは区福祉保健センター生活衛生課の玉崎悟課長。女王バチの活動時期に合わせ、6月中旬まで2週間に一度誘引剤をしかけ調査を行っている。設置場所は金沢動物園のほか、長浜公園や住宅街などの9カ所。第1回の調査では65匹、今回は191匹、合計256匹の女王バチが捕獲された。

 玉崎課長は「スズメバチによる被害が1件でも減らせれば。家庭にも応用できるよう調査を進めていきたい」と話す。今後も、スズメバチの行動パターンや生態系への影響を分析しつつ、誘引剤の設置場所や設置時期なども考慮しながら調査を進めていく予定だ。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク