金沢区・磯子区版 掲載号:2014年6月26日号 エリアトップへ

5月30日、金沢区シニアクラブ連合会会長に就任した 小林 貞夫さん 大川在住 74歳

掲載号:2014年6月26日号

  • LINE
  • hatena

自信のもとは知識から

 ○…「シニアの皆さんが、普段から頭と体を使って、心身ともに健康でいられる組織に」と希望を話す。高齢化が進んでいるからこそ、高齢者が元気であれば、社会全体が元気になるという発想だ。「歳をとるほど難しいでしょうが、元気でいようと思い続けること自体が大事だと思います」

 ○…群馬県に生まれる。実家は2haという広大な土地を持つ農家で、子どもの頃の思い出の大半が「草むしり」「種まき」「稲刈り」だという。当時の性格を「恥ずかしがり屋で引っ込み思案だった」と自己分析。コンプレックスでもあったその性分を克服するために「大学進学」を志すようになった。「大学に行ってたくさん知識を蓄えたかった。知識さえあれば、自分の発言にもっと自信を持てるはずだと思ったんです」。大学進学後に待っていたのは「安保闘争」という時代の波。自身も学生運動に参加した。「当時は学問を通して世の中を見ていた。現実的に世の中を見る大人が許せなかったんでしょう」と学生らしい純粋さを懐かしむ。

 ○…政府系金融機関に勤めた。転勤先は全国津々浦々。「女房と子どもには寂しい思いをさせたが、自分も随分寂しかったですよ」。業務は債権管理が中心。債権者、債務者の両者が納得できるやり取りのためにも、「知識」が何より大切だという。「相手にメリットがある貸し借りでも、法的な裏付けや理屈をしっかり説明できなければ不審に思われるんです」。今もシニアクラブで何かを説明する折には、「かなり事前準備をするように心がけている」という。

 ○…植物が好きで、楽しみは槇の木の成長。「5年後には綺麗に生え揃う。そうなるととても綺麗なはず」とにこやか。ショックだったのは、親の形見だったという赤梅を今年枯らしてしまったこと。「綺麗だったのに。もういいかげん親離れしなさいということかな」と冗談めかし笑った。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

高島 哲さん

富岡並木ふなだまりgionbune公園愛護会の会長や一般社団法人金沢シーサイドあしたタウンの代表理事を務める

高島 哲さん

金沢区並木在住 74歳

1月20日号

井上 学さん

劇作家・演出家で「杉劇☆歌劇団」の講師を務める

井上 学さん

磯子区中原在住 56歳

1月13日号

沼尻 竜典さん

2022年4月から神奈川フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務める

沼尻 竜典さん

東京都在住

1月6日号

ボ·トゥ·レインさん

サインワイン奏者でミャンマーの伝統音楽を日本で伝える

ボ·トゥ·レインさん

金沢区金沢町在住 35歳

1月1日号

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

吉田町の巨大壁画を制作した

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

磯子区在住 44歳

12月23日号

江原 由美子さん

磯子区森の一般社団法人神奈川人権センターの理事長を務める

江原 由美子さん

西区在住 69歳

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

感染症など題材に講演

感染症など題材に講演

2月12日、金沢公会堂で

2月12日~2月12日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook