金沢区・磯子区版 掲載号:2014年8月21日号 エリアトップへ

音楽療法を基に活動する「ひびきあい」の代表を務める 土田 博美さん 金沢町在住 78歳

掲載号:2014年8月21日号

  • LINE
  • hatena

受け継ぐ「助け合い精神」

 〇…「介護保険を使わない、元気な高齢者を増やしていきたいんです」。音楽療法を取り入れ活動する「ひびきあい」代表のほか、神奈川県看護連盟横浜第2支部長、生け花教室の講師、災害ボランティアネットワークなど様々な団体で活躍する。10年前までは鎌倉女子大で講師を務めていたことも。「今は地域に夢中」とにっこり。後進の看護師には「リタイアして終わりではなく、地域でやれることをやって欲しいと啓発しているんです」と話す。

 ○…看護師を定年後、鶴見区のデイケアの顧問を務めた。そこで、キーボードの演奏に合わせ懐かしの歌を歌ったり、太鼓や鳴子を鳴らしたりする「音楽療法」に出会う。「うつむいていた人が明るくなったり、杖をついていた人が、3カ月後には杖なしで歩けるようになったり。これはスゴイと思って」。効果を目の当たりにし、地元でも広めたいと8年前に、「ひびきあい」を立ち上げた。「医学的な話も織り交ぜながら楽しくやっています。笑うことは免疫力をアップするのですごくいいんですよ」

 〇…困っている人をほっておけないのは、母親譲り。食糧不足の戦時中、近所の防空壕に集まった人に芋などをふるまう母を間近でみてきた。「農家の人と仲良くなって捨ててしまう農作物をもらい、やりくりしていた」。そんな精神は静岡でコンビニを経営する娘にも。高齢者のために木のベンチを置いたり、宅配を始めたりと独自の工夫を重ねているという。「支援とは思っていない。できることをするのは当たり前です」

 〇…忙しい日々の中、パワーを与えてくれるのが庭の花。草花と対話をし、命の輝きを改めて実感するという。「植物は声をかけ、手をかけると萎れていても元気になる。その姿をみて、自分も力をもらう。ギブ&テイクね」とほほ笑む。人との関わりも同じ。支え合い、声を掛け合うことでお互いが元気に過ごせる――そんな社会を願う。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

武藤 隆夫さん

横浜市電保存館の館長を務める

武藤 隆夫さん

磯子区滝頭勤務 50歳

12月12日号

佐藤 清江さん

磯子区で「植物を学ぶさ・ん・ぽ」等の講座を持つ

佐藤 清江さん

磯子区磯子在住 75歳

12月5日号

鈴木 恭一さん

大道ふれあいむかし資料館で所有するクラシックカメラとその作品を展示する

鈴木 恭一さん

金沢区柳町在住 69歳

11月28日号

大隅 麻奈未さん

メゾ・ソプラノのソリストとして活躍する

大隅 麻奈未さん

金沢区富岡東在住 45歳

11月21日号

曽屋 剛和さん

曽屋動物病院の院長で「いそねこ協議会」の会長を務める

曽屋 剛和さん

磯子区杉田在住 57歳

11月14日号

門馬 勇一さん

富岡みどり会商店街の会長を務める

門馬 勇一さん

金沢区富岡西在住 70歳

11月7日号

田沼 広之さん

ラグビーワールドカップ2019のアンバサダーを務めるラグビー元日本代表の

田沼 広之さん

金沢区大川在住 46歳

10月31日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク