金沢区・磯子区版 掲載号:2014年9月18日号

西柴中学吹奏楽部

創部初 関東出場へ

一丸で東日本目指す

「満足できる演奏を」
「満足できる演奏を」
 西柴中学校吹奏楽部が9月20日、千葉県で行われる「第20回東関東吹奏楽コンクール」の中学校の部B部門に出場する。関東大会出場は創部以来初の快挙。部員43人が一丸となり、次の東日本行きを目指す。

 7月の横浜吹奏楽コンクールで掴んだ金賞。初の県大会出場を手にし、「みんなで泣いて喜んだ」と上原れい部長(3年)は話す。勢いのまま県大会でも金賞に輝き、B部門県内12校の代表に選ばれた。一方、「練習してきたことを出し切れなかった。満足できる演奏ができなかった」と悔やむ。再度気を引き締め、関東で目指すのは、部員全員が満足できる演奏だ。

”全員一奏”

 同部が代々大切にしてきたのが”全員一奏”という言葉。「一丸となって演奏を届けるという意味」と上原部長。しかし、コンクールに出られるのは30人のみ。気持ちのずれから、部がまとまらない時期もあったという。「練習でだらけてしまうことも」。上原部長を中心に毎日のミーティングで声をかけ、挨拶や返事などの基本から改善を促してきた。少しずつだが、大会が近付くにつれまとまりが見られるようになってきたという。「メンバーに入れなかった子たちが進んでお守りを作ってくれた」と上原部長は話す。全員一奏の文字が刻まれたお守りは本番もポケットの中に。「応援してくれている。それがすごく嬉しい」と笑顔を見せる。

 「音を届けるのはどんな場面でも同じ」と話すのは門田亮顧問。西柴小学校の運動会をはじめ地域のイベントで演奏することも多い。「行事にも全力で取り組み、一生懸命演奏する姿が見えてきた」と評価する。

集大成を発揮

 気持ちのほかに鍵になるのが音量と音程。地区大会では曲のまとまりを意識した結果、迫力に欠けた。一方、県大会では音量に注力し音程に課題が残った。「関東では融合させ音量を伸ばし、音程を揃えるのが目標」と門田顧問。現在は、音量を上げるために合唱や運動を取り入れた練習で、大会に備えている。上原部長は「支えてくれた地域、保護者、メンバー外の部員のためにも最高の演奏をしたい」と意気込んだ。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

活性化プランを策定

金沢臨海部

活性化プランを策定

5月25日号

動画再生5千万回越え

東京ハイジ制作「はみがきのうた」

動画再生5千万回越え

5月25日号

「カード手渡し型」が増加

振り込め詐欺

「カード手渡し型」が増加

5月18日号

長年の功績に瑞宝双光章

前金沢消防団長小澤さん

長年の功績に瑞宝双光章

5月18日号

金沢動物園で走行実験

自動運転バス

金沢動物園で走行実験

5月11日号

区役所に若者支援窓口

横浜市ひきこもり対策

区役所に若者支援窓口

5月11日号

関連記事(ベータ版)

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク