金沢区・磯子区版 掲載号:2015年2月26日号 エリアトップへ

市議選金沢区 5議席に7人名乗りか 現職4人、新人3人が表明

政治

掲載号:2015年2月26日号

  • LINE
  • hatena

 4月3日告示12日投開票の横浜市会議員選挙で、定数5人の金沢区では現職4人、新人3人の計7人が立候補を表明している。立候補予定者は本紙調べ(2月23日現在)。

 民主党の谷田部孝一氏(65歳/6期)、自民党の黒川勝氏(49歳/2期)と高橋徳美氏(45歳/1期)、みんなの改革の小幡正雄(72歳/9期)の現職4人は早々に名乗りをあげている。

 一方、新人は3人。衆議院議員に転身した篠原豪氏の議席を守りたい維新の党からは、磯子区で市会議員経験のある維新の党の浅川義治氏(47歳)が出馬を予定。また前回選挙で、議席を確保できなかった公明党から竹野内猛氏(40歳)、昨年12月の衆議院議員総選挙に神奈川1区で出馬した共産党の明石行夫氏(55歳)が出馬を表明している。

7氏の訴えは

 谷田部氏は地域、行政、議員が一体になり連帯を深める「自助共助公助」の大切さを指摘。「党派を超え、地域のために、地方でできることは地方でやっていくことが必要」と訴える。

 議員提案条例の制定に力を注いできた黒川氏。地元の産業振興やスポーツ振興のほか、昨年春は区内の全市立小中学校を視察するなど、教育問題にも積極的に取り組む。

 高橋氏は長年の子育てや防災まちづくりの経験、主婦目線を生かし、働く女性として子育てや教育、介護福祉、防犯防災などの充実を訴える。また、市民活動家としても精力的に活動。

 小幡氏は「横浜から日本を創る」をモットーに、子育て支援、高齢者・障害者対策、教育振興、区民文化施設の建設や金沢八景駅周辺整備、アピタ建替え問題などに精力的に取り組む。

 「まずは『身を切る改革』を」と訴えるのは浅川氏。地域の声をもとにし、行財政改革、中学校給食の実現、命の問題など横浜市内のあらゆる改革に取り組むとしている。

 竹野内氏は、地域密着型の雇用支援体制の充実やバリアフリー化の推進などを訴える。さらに観光資源の発信、都市型災害に備えた防災・減災機能の充実などを目指す。

 明石氏は金沢区に集中している「がけ地」に触れ、防災予算の拡大を訴える。また大企業誘致中心から中小企業優先への政策転換、池子の森の米軍住宅建設の中止などを主張する。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

磯子工業高が部門優勝

アマチュア無線

磯子工業高が部門優勝 社会

全国コンテストで好成績

1月27日号

市から「予報」発信なし

トンガ噴火津波情報

市から「予報」発信なし 社会

防災Eメールの対象外

1月27日号

倉敷王将戦で準優勝

山王台小菅谷君

倉敷王将戦で準優勝 文化

全国大会高学年の部で

1月20日号

4月以降は上昇傾向か

横浜市景況調査

4月以降は上昇傾向か 経済

飲食・宿泊業は厳しさ続く

1月20日号

「住み続けたいまち」へ

金沢区長インタビュー

「住み続けたいまち」へ 社会

コロナ禍も工夫し前進

1月13日号

立ち上がり歩み出す年に

磯子区長インタビュー

立ち上がり歩み出す年に 社会

安全・安心第一に事業推進

1月13日号

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

感染症など題材に講演

感染症など題材に講演

2月12日、金沢公会堂で

2月12日~2月12日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook