金沢区・磯子区版 掲載号:2015年3月19日号 エリアトップへ

地域の民話 紙芝居に 3月23日、イベントで初披露

文化

掲載号:2015年3月19日号

  • LINE
  • hatena
さくら茶屋の紙芝居制作メンバー
さくら茶屋の紙芝居制作メンバー

 歴史ある金沢の地には、昔から地域に伝承されている民話が数多くある。そこで、金沢区民活動センターつながりステーションと金沢区が連携し、こうした民話を題材にした紙芝居を作成した。3月23日(月)、金沢区民活動センター「ゆめかもん」で初披露される。

 今回制作された紙芝居は5作品。つながりステーションとして金沢区民活動センターの地域拠点の役割を担う「さくら茶屋にししば」(西柴)が2作品、「コミュニティ・サロン ほっこり」(東朝比奈)が1作品、残り2作品は金沢区役所の職員らが手がけた。

 「地域に伝わる民話を、地域の手で次世代に繋いでいくことで、金沢区への愛着を育てたい」と区担当者は話す。5つの紙芝居は印刷され、区内全小学校や地区センター、コミュニティハウス、図書館などに配布された(一部施設で貸出可)。

 また、3月23日には紙芝居を披露するイベントを「ゆめかもんフリースペース」(金沢区役所1階)で開く。時間は午後2時から3時30分まで。さくら茶屋とほっこりが制作した「赤い井戸」「身代わり観音」「くつもの狐」を上演するほか、作者や作成秘話なども合わせて紹介。参加希望者は直接会場へ。

地域の手で完成

 さくら茶屋の紙芝居制作メンバーは、「地元・西柴に身近な民話を」という思いで、釜利谷にある「赤井の井戸」と称名寺に安置されている「身代わり観音」を題材に選んだ。「元になる民話があるからと簡単に引き受けたが、5・6回は書き直した」と苦笑するのは脚本の富田あさえさん(57)。「身代わり観音」の絵を描いた上野修世さん(54)は「当時の暮らしぶりが分からず困りました。約2カ月間かかった」と話す。だが制作に関わることで、知らなかった歴史を知ることができてよかったという。

 富岡地区が舞台の昔話「くつもの狐」を制作したのは、妻がほっこりで調理スタッフをしている藤井俊男さん(67/磯子区在住)。元理科教諭で絵の経験はほとんどなかったが、2・3カ月かけて完成させたという。「舞台となった地域は、少年時代に遊びまわった田園風景と重なるのでは。短い話なので、かなり内容を膨らませた」と話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

外食大手がこども食堂開設

外食大手がこども食堂開設 社会

年中無休、金沢区富岡で

6月17日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月17日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

女子団体が初の全国へ

横浜高将棋

女子団体が初の全国へ 文化

総合文化祭県予選で優勝

6月10日号

特例貸付 5.8万件に

特例貸付 5.8万件に 社会

コロナ禍 市内の申請増加

6月3日号

全国大会で2連覇

創学館高チアダンス

全国大会で2連覇 スポーツ

先輩の思い継いで

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 三本の矢で太く強く

    結束し政策を推進いたします! 意見広告

    三本の矢で太く強く

    自民党金沢区支部 横浜市会議員/黒川まさる

    6月10日号

  • 三本の矢で太く強く

    結束し政策を推進いたします! 意見広告

    三本の矢で太く強く

    自民党金沢区支部 横浜市会議員/高橋のりみ

    6月10日号

  • 三本の矢で太く強く

    結束し政策を推進いたします! 意見広告

    三本の矢で太く強く

    自民党金沢区支部 神奈川県議会議員/大村悠

    6月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter