金沢区・磯子区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

米海軍横須賀基地の米軍家族のボランティアグループを支援する 兼俵 伸枝さん 富岡西在住 78歳

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena

50年越しの感謝伝える

 ○…「要英会話、容姿端麗、求ム美容師」――資格を取得して間もない頃、横須賀ベースで求人があった。英語は分からず、容姿にも自信はなかったが、臆することなく応募。見事、採用された。「当時から皆さんすごく大事にしてくれた」と振り返る。戦後の食糧難に、基地の人々からもらうパンやジャム、チョコレートは贅沢品だった。そして2011年、東日本大震災で被災地を支援する米軍の姿を見て、当時の記憶が蘇った。「昔お世話になった恩返しがしたい」。それから得意の手芸を生かした巾着の製作や、着付けボランティアを実施。50年越しの感謝を伝えるため、精力的に活動を続ける。

 ○…「本当になりたかったのは弁護士。美容師には全然興味なかった」と笑う。いやいや受けた美容学校の試験は名前すら書かなかったという。だが試験時間が迫る中、白紙の答案用紙に母親の顔が浮かんだ。「母は『これからの女性は手に職がないと』と言っていた。戦争で父を亡くし、お嬢さま育ちの母は苦労したんでしょう」。気持ちを入れ替え一気に回答し、合格。美容師の一歩を踏み出した。

 ○…震災後、着物や古布をリサイクルして作った巾着や雛人形、手芸品は合わせて3000個を超える。色鮮やかなでエキゾチックに見える和柄に、外国人はとても喜んでくれるのだという。「私ひとりではできないこと。仲間がいるから続けられる」。フェイスブックの「友達」欄には外国の友人が並ぶ。「聞くことはできるけど、もう少し英語で言葉が出てくるよう、勉強しないと」と向学心をみせる。

 ○3月15日、区内富岡西で52年続けた美容院を閉店した。店舗の老朽化で、閉めざるをえなかったのだ。しかし「待っているお客様がいる以上、やめられない」と現在も、出張してハサミを握る。客から「頼られる存在」になった今、興味がなかった美容師という仕事は、元気がある限り続けたい「天職」に変わった。
 

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

山崎 美奈子さん

監督・音楽を手がけた音楽劇「一獣一彩」を6月26日にあーすぷらざで公演する

山崎 美奈子さん

金沢区釜利谷南在住 41歳

6月17日号

久保田 顕さん

磯子区こども食堂ネットワークやキッズカフェ杉田の代表を務める

久保田 顕さん

磯子区中原在住 41歳

6月10日号

小池 護さん

金沢区スポーツ推進委員連絡協議会の会長に就任した

小池 護さん

金沢区柳町在住 66歳

6月3日号

宮澤 章さん

岡村地区連合町内会の会長に就任した

宮澤 章さん

磯子区岡村在住 74歳

5月27日号

北見 美佳さん

金沢八景駅前の8KギャラリーAで絵本の原画展を開く

北見 美佳さん

氷取沢高校出身 34歳

5月20日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter