金沢区・磯子区版 掲載号:2015年4月23日号 エリアトップへ

横浜高校石上選手 ロードレースで全国V 目指すはツール・ド・仏

スポーツ

掲載号:2015年4月23日号

  • LINE
  • hatena
ゴール前で石上選手が引き離す=シクロワイアード高木秀彰さん提供
ゴール前で石上選手が引き離す=シクロワイアード高木秀彰さん提供

 横浜高校2年の石上優大選手が3月22日、熊本県で行われた全国高等学校選抜自転車競技大会の個人ロードレースで王座に輝いた。80・5Kmのコースを177人で競った同大会。石上選手は2時間6分14・2秒でゴールした。

 「3週目から、勝てるなという確信があった」。177人が参加した7周のレース。得意の上りで毎周ペースアップを仕掛け、後続選手の足をけずった。ラスト1周で先頭は石上選手を含めた3人に。「切れたり追いついたり。いつでも踏めば振り切れる状態だった」。ゴール手前で逃げ切り、初優勝を飾った。

 初出場した昨年は9位。「今年は独走でゴールを目指していた。あとひと踏みが足りなかった」と悔しさを滲ませる。コースが思い描けていた分、優勝だけでは満足していない。だが「どうしても勝ちたかったので達成感はある」とも話す。

悔しさが原動力に

 2月にタイで行われたアジア選手権に日本代表として出場した。「99%勝てた大会だった」と振り返る。だが、逃げる石上選手を日本チームの集団が吸収するという1%のアクシデントが起きた。結果、日本選手の優勝で幕を閉じたが心にわだかまりが残るレースに。「力があれば味方にも捕まることなく済んだ。世界で戦うにはここで追いつかれていては先はない」ときっぱりいう。

 悔しい気持ちが原動力になった。帰国後は「頭が冴えて研ぎ澄まされている状態。同じ練習でもタイムが良くなり、追い込めた」。トレーニングで得たものをより早く、より正確に吸収し全国に臨めたという。

世界見据え前へ

 5歳でマウンテンバイクに乗り始め、その年に一般の大会で優勝。小学1年から全国でも1位2位を争う実力で、素質を磨いた。

 同校自転車競技部ではチームの精神的柱だ。海外で試合を終えた翌日に、部の練習に合流することも。「強くなってほしい」。その思いからポイントや練習での効果を伝えるが、一番は「ついて来させること」。練習を見て体得させることで精神面はもちろん、技術面もリードする。

 これまで出場したレースはゆうに500を超える。同じコースでも風の読み方、仕掛けどころなど計算で全く違うレースになる。「簡単には勝てないから面白い。レースは経験です」

 今年9月に控える世界選手権での優勝を目指す。そのためスキルの全体的なレベルアップを目標に鍛錬を積む。「夢はツール・ド・フランスでの優勝」。世界を見据え、ペダルを踏む。

石上選手
石上選手

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

施行後初の危険回避措置

空家条例

施行後初の危険回避措置 社会

磯子区内の2件で

9月23日号

山王台小の菅谷君が優勝

倉敷王将戦県予選

山王台小の菅谷君が優勝 文化

上級生下し、全国大会へ

9月23日号

防潮堤が完成

金沢区護岸工事

防潮堤が完成 社会

19年台風15号で高波被害

9月16日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

ゆずファンをおもてなし

ゆずファンをおもてなし 社会

関内に交流拠点オープン

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook