金沢区・磯子区版 掲載号:2015年4月30日号 エリアトップへ

大川在住岡田さん 「横浜の味」ビールで求め 開発者インタビュー

社会

掲載号:2015年4月30日号

  • LINE
  • hatena
煮沸する麦芽をチェックし、理想の味に近づける
煮沸する麦芽をチェックし、理想の味に近づける

 キリンビールは5月19日(火)から、「一番搾り 横浜づくり」を発売する。

 この商品を開発したのは、区内大川在住の岡田義宗さん(46)だ。岡田さんは同社横浜工場(鶴見区)の醸造長。「横浜づくり」のコンセプトや、醸造の際のこだわりを聞いた。

    ◇  ◇

 「横浜づくり」の最も大きな特徴は、一口飲んだあとに鼻から抜ける、フルーティな香りだ。

 ビールの香りを決めるのは「ホップ」という植物。この商品では、柑橘系の香りが特徴の「カスケードホップ」と「ニュージーランドザーツホップ」を使用した。熱で香りが飛ばないよう、煮沸の後半に投入。一番搾り独特の「豊潤な味わい」を守りながら、爽やかな後味を作り上げた。

 「異文化の入ってくる港町というイメージを、華やかな『香り』で表現した」と岡田さん。また中華街の料理など濃い味にも合うように「爽やかさを大切にして作った」と話す。

熟練技で「理想の味」に

 ビールとの出会いは20歳の頃。父親と一緒に飲んだときの感想は「ただ苦いだけで、美味しさがわからなかった」と笑う。

 醸造家として20年の経歴を持つ今は、些細な味の違いも逃さない。年によって麦芽の状態は異なるが、温度管理や酸素の状態などを細かく調整することで、理想の味に近づけていく。

 「横浜づくり」はこの熟練した技から生まれたものだ。「味付けは何千通りもあるが、なんとかイメージに近づけられた。ぜひグラスに入れ、香りを楽しみながら飲んで欲しい」と話す。

 同社は全国9工場ごとに「地元生まれの一番搾り」を開発。それぞれ味覚やコンセプトが異なる。「横浜づくり」が販売されるのは同社横浜工場の出荷エリアにある酒店やスーパー、コンビニ等。

岡田醸造長
岡田醸造長

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

金沢区から「自家焙煎珈琲工房ちろりや」が高島屋に出店

【Web限定記事】

金沢区から「自家焙煎珈琲工房ちろりや」が高島屋に出店 経済

横浜市内商店街の10店舗が期間限定で

9月23日号

2日間の期日前投票者数は1324人

【Web限定記事】横浜市議会議員補欠選挙(磯子区)

2日間の期日前投票者数は1324人 政治

9月23日号

配達一時休止も再開

磯子郵便局

配達一時休止も再開 社会

9月23日号

「海まちさんぽ」リニューアル

シーサイドライン沿線情報を発信

「海まちさんぽ」リニューアル

9月23日号

自宅療養者に支援物資

自宅療養者に支援物資 社会

松本食品が無料配送

9月23日号

秋風に揺れる華麗なバラ

【web限定記事】

秋風に揺れる華麗なバラ 文化

ヴェルニー公園で開花

9月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook