金沢区・磯子区版 掲載号:2015年5月21日号 エリアトップへ

ネパール大地震 「ふるさとに学校を」 チャイカフェで募金

社会

掲載号:2015年5月21日号

  • LINE
  • hatena
復興を願う夫妻=写真上、崩壊した家=ラナバットさん提供
復興を願う夫妻=写真上、崩壊した家=ラナバットさん提供

 4月25日にネパールの首都・カトマンズ近郊を襲った大地震。金沢文庫のネパール料理店「チャイカフェ」で働く、ラナバット・ビシュヌ(37)さんの故郷シャンジャ郡も甚大な被害を受けた。「壊れてしまった学校もある」。教育現場の再建に向け募金を開始した。

    ◇  ◇

 シャンジャはカトマンズから西に約300Km離れた山間地帯。ラナバットさんは8歳から17歳までをバットコーラ村で過ごした。学びの基盤を作った小学校や高校も被害を受けている。

 「学校ができれば、地震が起きた時の逃げ方や対策を学ぶことができる」とラナバットさんは熱をこめる。同店では発災直後から募金を開始。地震で中断された子どもたちの”学び”再開のために使うという。

 ダイレクトな支援ができるよう、団体などを介さず直接現地へ赴く予定だ。まずは、村の復興に向けた話し合いに参加する。「給料をはたいても良い。手伝ってくれる人も歓迎したい」とラナバットさん。現地の様子を見つつ、教育現場の立て直しを目指していく。

 地震でラナバットさんの両親の家は崩壊。村の建物の3分の1が全壊し、残りも半壊状態だという。「傾いた家に親戚が寄り集まって暮らしている」。各人が育てていた農作物や川の水はあるものの、救援の手は首都に留まり地方まで届く目途は立っていないという。

 幸い、死者や行方不明者の報告はない。現在は他地区で暮らす両親の無事も、発災から数時間後に確認できたという。それでも「悲しい。モンスーンが来る6月が心配」と心を痛める。

 「阪神や東日本大震災を経験した人から多く励まされ、募金箱の設置も薦めてくれた」と話すのはオーナーでラナバットさんの妻・肥田益美さん(42)。「全く知らない国のために募金してくれるのはありがたい」と感謝の思いをにじませた。

 募金は同店(谷津町360)で受け付け。透明化のため使途も公開していく。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

知恵を出し、汗をかく

知恵を出し、汗をかく 社会

浜崎建設工業株式会社代表取締役社長 浜崎貴さん(46)

1月21日号

魅力あふれる写真募集

横浜金沢観光協会

魅力あふれる写真募集 文化

「よこかな」表紙に採用も

1月21日号

利用者の声 開催後押し

利用者の声 開催後押し 社会

滝頭「こどもすまいる食堂」

1月21日号

コミュニティFM考える

コミュニティFM考える 社会

Zoomで市民会議

1月21日号

交通の裏側 コラムで紹介

交通の裏側 コラムで紹介 社会

交通局が特設サイト開設

1月21日号

イソカツ美術展

イソカツ美術展 文化

M6で23日まで

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク